majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

一吹入魂! 作業所訪問記 その②

今回は岡山の作業所訪問レポート第二弾!<うらやすガラス幸房>さんです。
 
『この色に一目ボレしてしまって。。』
『1つ1つ形が違うのも、"手作りならでは"で いいですよね~❤️』
 
<うらやすガラス幸房>さんの一輪挿しは、催事でも、店頭でも、沢山のお客様の心を射止めるマジェルカの人気商品。
 

f:id:majerca:20180802164430j:plain

 
夏に入り、その涼しげな姿に益々注目が集まっています。
 
<うらやすガラス幸房>さんは、(ガラス雑貨好きな)オーナーがマジェルカを立ち上げる際、『どうしても商品ラインナップにガラス製品が欲しい!』と、
全国の作業所を探しに探してやっと見つけた先だったそう。
 
見つけ出した時の喜びと、2011年の訪問時の様子を綴ったオーナーのブログはこちら↓
 
そんなガラスたちが、どんな所で、どういう風に作られてるのか。。? 
かねてから興味深々だったスタッフM、今回は家族と一緒に『吹きガラス体験』をさせて頂きました!
 
<うらやすガラス幸房>さんは、精神障害の方の支援施設である社会福祉法人浦安荘の一部門。なんと昭和59年から活動を続けている工房です。
 利用者さんと「うらやすガラス」を手にした方の幸せを願って、”幸房”と名付けたそう。
 
 
利用者さんは、ガラスを吹く方、窯の蓋を開閉をしたり、ガラスと吹き竿を取り外す手伝いをしたり、使い終わった竿に付いたガラスの塊を落とし、また使える状態にする方、そして、トンボ玉を商品に加工する方。。。。など
 それぞれが出来る仕事を担当し、チームで製品づくりをされています。
 
利用者さんから、トンボ玉を利用した商品のアイディアが生まれることもあるとか。
 f:id:majerca:20180806223644j:plain
 
皆さんに笑顔で出迎えて頂き、足を踏み入れた工房は、、、代表のSさんが「サウナのような工房」と形容されてたので覚悟はしてましたが、、、かなりの暑さ!!
なんと、炉で熱せられたガラスの温度は1300℃なのだそう。
 
なので、体温調節できるよう冷風が吹き込むダクトも完備。
「作業が終わったら、ここで顔を冷やしてくださいね。」
 
f:id:majerca:20180806230832j:plain
 
そして私たちも、人生初のガラスのコップ作りを体験!
 
まず驚いたのが、一つの製品を作るのに、沢山の工程があること。
  
次に驚いたのが、液体状態の高温のガラス・・・一瞬一瞬で温度や色や形が変化するので一時も気を抜けず、かなりの集中力が必要だということ。(もちろん一歩間違えれば大火傷のリスクも。。。)
 f:id:majerca:20180806222828j:plain
 
「はい、吹いて!」
重い竿をクルクル回しながら、その一瞬を見逃さず息を吹き込む。
すると、オレンジ色に光るガラス玉が、まるで命が吹き込まれたかのように膨らみ、世界に一つのガラス製品が誕生する。。。
 
”一瞬”という時の重み。そして、変化するガラスの美しさ。
”手吹きガラス”の世界にすっかり魅了されてしまうスタッフMでした。
 
そして、実演してくださる皆様の真剣な眼差しを見ながら感じたのは、
 
f:id:majerca:20180806235346j:plain
 
<うらやすガラス>がお客様を魅了するのは。。。一つ一つの商品に、”幸房”という名に込められた想いも吹き込まれているから、なのかなと。
 
f:id:majerca:20180806222540j:plain
 
 
スタッフと利用者の皆様、丁寧にご指導頂き、サポートして頂き、見守って頂き、ありがとうございました!
 
ちなみに、こちらが子供たちが作ったコップたち。
 f:id:majerca:20180806230750j:plain
 
 そして私の最近の”至福のひと時”は・・・購入させて頂いた新作の”泡入りガラス”で、見た目にも冷え冷えなビールを頂くこと♪
 f:id:majerca:20180806230716j:plain

 

ちなみに、”泡入りガラス”はオーナーが「こんなのできますか」と提案させて頂いた商品で、それを試行錯誤しながら商品化してくださったもの☆
 
 
 先日ご紹介した<ありがとうファーム>さんも<うらやすガラス幸房>さんも、新しい商品を作ることに非常に意欲的で、(オーナーの細か~い注文にも応えて下さり。。)、いつも感謝しております!
 
常に”利用者の皆さん”と”商品を手に取るお客様”を意識しながらチャレンジを続け、進化し続ける二つの作業所。。。パワーに圧倒された岡山の旅でした。
 
 製作者の皆様の様子と”想い”・・・これからも沢山の方にお伝えしたいと思います!