majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

セクシーなニット展(⁈)

「ニット工房ライク」さんの期間限定コーナーが出来ました!

マジェルカガール達にライクさんのニットのアイテムを身につけてモデルになってもらいました。

言わずもがな嘘です。

ニット展はホント。

既に10/30から展示は始まっています。

一昨日閉店後に展示作業をして完成しています。

告知用のビジュアル、元々作る予定では無かったのですが私の悪い癖。

仕事の優先順位を無視して現実逃避し、ついこういう事やああいう事、やり始めてしまうのでした。

でもせっかく作ったし。

そして本題はそこではありません。

題といえばこの記事の「セクシーなニット展(⁈)」って全く展示内容とは関係ないです。

ただのつりです。

もしかしたらエロい人がつられて見てくれるかもと。

もしかしてあなた、そのくちですか?

改めて、「ニット工房ライク」さんは静岡にある施設さん。

その名前の通りニット製品作りを専門に(他に食品もやっていますが)製品作りをしているという

全国的にも(私が知る限り)珍しい施設さんです。

アレやコレをかじるのではなくニット作り専門に取り組んでいるのでさすがその物作りのクオリティ

と生産性は高く、あの雑貨通販のフェリシモさんのお仕事も何度も請けておられたりするところから

もその仕事の確かさはうかがえます。

静岡で開催されたあるセミナーに講師として関わらせて頂いたのをきっかけにマジェルカとその後の

お付き合いが始まりました。

母の日にはこちらのリクエストに応えてカーネーションを模した素敵なアクリルたわしを作ってくれ

ました。

(素敵なアクリルたわしってもんをついぞ見た事が無かった私のアクリルたわし観(?)が変わりました)

そして今回は売り場の一角で小さな企画展。

IMG_2655.jpg

撮り方も悪かったですがカラフルが溢れているマジェルカ店内にしては落ち着いた色合いです。

ニット製品って一言で言っても元気な感じと、その真逆な落ち着いた感じの商品が色々と混ざって

届いたのでどうしたもんかなと悩みましたが、一応左側はシックに、右側は賑やかな感じにスペース

を振り分けて出来るだけ違和感なく見えるようにしたつもり。

それに合わせて、これまでクーカさんの元気でカラフルなアート雑貨が溢れていた周りの空間も、

違和感が出ないように同じように素材感や作りがウリのアイテムとして帆布バッグなどを配置したり

して。

IMG_2668.jpg

昨年には人気ですぐ売り切れたアルパカのマフラーもあります。

今回それらに混ざって面白い物が届きました。

中段に並ぶボンボンがついたのがそう。

2WAYマフラーだそうです。

トルソーにかけてるように首にも巻けるし手前のように中に折り込めば帽子にもなるというスグレモノ。

ボンボンが大きくてモフモフで可愛い!

IMG_2665.jpg

賑やかコーナーにはマジェルカでも以前オレンジページさんに掲載してもらい大ヒットしてお馴染みに

なったお口ぱっくりのスマホカバーやリップケース。

壁に掛かってるつぐんだお口はUSBカバー。(私はSDカード派なので使いませんが・・・)

IMG_2661.jpg

ニットという事で花座布団もあります。

これ、似たモノを以前は別の施設さんから仕入れていましたが、ニットですからライクさんでも当然

作ってますよ、という事で。

色合いや作りが今までのモノとは違って落ち着いたナチュラルな感じになっています。

お花といえば今回オススメなのがこちらのブローチ。

IMG_2666.jpg

奥にある手編みのミニコサージュと、手編みを縮絨(しゅくじゅう=縮ませる事)させてフェルト状に

した生地で作った手前のブローチ。

ちなみにコーナー上部に下がっているガーランドもこの手作りフェルトで作ったモノです。

これらの花ブローチ、帽子やバッグにつけると中々よい感じ。

IMG_2667.jpg

それぞれ数が少なめですのでどうぞお早めに。

「ニットライク工房のニット雑貨展」11/8(日)までです。

IMG_1470.jpg

帆布バッグにピンクやイエローなど鮮やかな色合いが新たに加わりました。

webショップからもオーダー出来るように更新しました。

今日も商品のご紹介。

こちらのウッドフレームです。

長野県の松本市にある「パノラマ」さんで作ってもらっています。

元々はマジェルカに「こんなモノがあればいいなぁ」と企画した商品です。

コツさえつかめば作るのにそんなに難しくなく、少々ラフな仕上げでもそれが安っぽく、じゃなくむしろいい感じ

に見せられて、なおかつ大袈裟な設備もいらないなど、障害のある方のモノ作りには向いてるのではないのかなと

商品として企画しました。

以前マジェルカを訪れたパノラマさんが新たな仕事作りを模索されていたので投げかけたところ、TRYする気

まんまんだったので作ってもらうようになりました。

色々試行錯誤しながら、都度ご相談をしてもらいながら完成度は上がってきています。

今年の夏にはパノラマさんにも訪問してきました。

施設長さんがやたら元気よくてパワフルで笑えます(失礼)

ご担当のTさん、Kさんもホントに一生懸命で現場でも色々質問や相談攻めにあったので、写真をほとんど

撮っていなかったのに気づきましたがお役に立てましたでしょうか?

メンバーの皆さんが一つ一つ手作りしています。

だいぶ手慣れてきたのでただ今新たな製品バリエーションにも取り組んでもらっています。

webショップでも購入できます。コチラから。