majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

京都出張

京都に行って来ました!

って言ってももう一ヶ月以上も前の事ですが・・・

いろいろあってこのタイミングになってしまったので今更アップするのはやめようか

とも思いましたがせっかく途中まで書いてたのでどうぞよろしければ見てやって下さいな。

このブログでもご案内をしていた京都伊勢丹さん出店の撤収作業での訪問の機会に絡めて

モノ作りをしている福祉施設を新たにいくつか尋ねたり。

2日間しか滞在できなかったのでいつもの出張と同じく観光は無しで。

行きたい先は他にもいくつかあったのですが京都市内で廻れる範囲で絞り込んで行って

きました。

ではさっそく京都駅からスタート。

バスに乗ってまずは「Salut(サリュ)」さんへ。

「サリュ」さんの事は昨年京都を訪れた際に行った、京都市が運営する市内福祉施設

製品を扱う「はあと・フレンズ・ストア」さんで目にした商品のレベルが高くて気に

なっていたので今回の京都訪問を機にお邪魔してみようとアポを取って訪問しました。

地図を頼りにたどり着いた先にはなんとも京都らしい素敵なたたずまいの長屋が。

藍染の麻のれんには確かに「サリュ」と。

玄関入ってすぐの室内はこんな落ち着いたスペース。

手前窓際にはずらりと商品が並べてあります。

ここの2階が施設を利用している方々の作業スペースなどになっているのですが私が

立ち入りを許されたのはここまで。

何故ならこちらは女性専用の施設として障害や病気を抱えた方々が日中生活を送る場所

となっています。

その空間に男性が入り込む事で場の空気を乱し、彼女たちに良くない作用を及ぼす事に

なってしまうのを避ける為と説明を受け理解しました。

そもそも相手が女性であろうが男性であろうが、相手の気持ちやその場の空気をかき乱す

一種の毒気のようなものを常に発散している私なのですから尚のこと足を踏み入れて

はいけません。

ということで、上の作業場見学には同行した女性スタッフに行ってもらって私はこの

1階で施設長さんには一人この毒気に耐えてもらいながら、施設に関してや商品に関して

のお話しを、こちらからはマジェルカの活動に関するお話しやお取引に関するお話しを

させてもらいました。

「サリュ」さんでは主に3つの商品、七宝焼きとつまみ細工、ビニコ生地での縫製品を

商品として展開されています。

その品々がこちら。

DSC07376.JPG

DSC07374.JPG

DSC07363.JPG

DSC07375.JPG

DSC07379.JPG

DSC07381.JPG

DSC07393.JPG

なんとも京都らしい、女性らしいともいえるような感じの品々です。

これらのうち、その後注文した製品が先日マジェルカに入荷して店頭を飾っております。