majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

モンスター

いつでも誰にでも足を運んでもらえるショップを構えていると、お買い物に

来てくださるお客様の他にもウインドーショッピング、はたまた福祉業界っぽい

方やその周辺の方などによるリサーチ目的などなど、その他でも様々な方が

様々な目的でおいでになってくださいます。

そんな様々なお客様の中でちょくちょく頂くようになったのが結婚パーティーでの

プレゼントにマジェルカの商品をというご注文。

過去にもお菓子であったり、手織りのポーチをはじめとした雑貨類をショップで

直接ご自分たちの目で選んで。

そしてつい先週にも。

それまでもちょくちょくマジェルカを気に入って下さってご来店してくれていた

H様が、結婚パーティーで配るプレゼントにと「うらやすガラス幸房」さんの

ガラスの一輪挿しを大量にご注文してくださいました。

ひとつひとつラッピングしてお届けするとfacebookのメッセージで丁寧にお礼と

なんと当日は時間あればパーティーにも参加して下さいとまで!

会場はマジェルカのそばにあるタイレストランの「アムリタ食堂」さんとの事。

吉祥寺のガイドブックには必ず載る地元でも人気のレストランです。

その日は店にスタッフもいるしパーティーに顔出させてもらってビールと美味しい

料理を、なんて思っていたのですが、当日になるとさすがにそうはいかず。。。

なんとか合間をぬってお祝いにだけでもとお邪魔してきました。

IMG_1266.jpg

外にも人が溢れて熱気がムンムンのアムリタ食堂さん。

H様ご夫妻がちょうどステージに。

その頭上にはなんとOIDEYOハウスさんの「雷フラッグ」が!

アムリタ食堂の店長さんがH様のパーティーを少しでも良いパーティーにしたいと

マジェルカを気に入ってくれているようだから会場を何かマジェルカのモノでという

事でわざわざ飾って下さいました。

そっと、主役のH様奥様にお祝いとお礼を伝えると、これまたなんとわざわざワタシたち

向けにもお土産を用意して下さっていてビックリ!

改めて、H様おめでとうございます!

そして、以前にも書いたり話したりしている事。

今回の「うらやすガラス幸房」さんもそうですが実際に制作現場に行ったり、ふだん交流

していて思っているのは、商品を作って売るというお仕事としての大変さ、それは当然に

それぞれあるとは思うのですが、モノ作りの場面だけでみれば、そこに関わる作り手さん

が純粋に楽しみながら作られているモノがウチで扱っているようなモノたちなのかなぁと。

また、福祉施設って事で一般的な経済原理の外に置かれてたりする部分もあるおかげで

(良くも悪くもですが)無理を強いられないって事はやっぱりあって、これは、どこかの

お国のように不幸で不当な環境で作られたモノなんかとは、そこはいい意味で違うよなぁと。

“苦しみの中で作られたモノ”と“楽しみながら作られたモノ”というと大げさでしょうか?

H様のように人生の中での幸せなシーンの脇役に、そんな目に見えないところの意味を

見出してマジェルカに並んでいるようなモノを選んで下さる方って素敵だなぁと思ったりも

するのです。

ホントは、障害を抱えた彼らが幸せな中で、だとか楽しみながら、なんて事を自分の立場で

軽々しく言ってしまう事への危うさも少し意識しながらも。。。

さて、改めて前述の「アムリタ食堂」さんも関わってくださる展示が明日から始まります!

NPO法人かうんと5presents

『コバヤシカオル モンスターの絵・展』

個人的には企画段階で出ていた

『まったく怖くないモンスター展』というタイトルの方が好きだったりしますが・・・

モンスター(monster)というのはラテン語のmonstriumという「忠告」や「警告」

を意味する単語が語源になっており、そこから転じて「神が人間に与えた警告」の意味から

「人間に脅威を与える存在」に対して使われるようになったそう。

なんかすごいね。

一般的には「化け物」や「怪物」を指す言葉として使われている「モンスター」

他にも「相手に脅威や大きな影響力を与える存在」という意味合いも持つ事で

近頃はモンスターペアレントモンスターチルドレンなんて使われ方も随分とされるように

なってしまったけれどそんなのに使われるのはなんか嫌。

そんな連中にモンスターの称号を付けるのはモンスターに失礼ってもんだ。

怖いだけでなくてちょっぴり切ないストーリーもはらんでいたり、夢や想像を掻き立てたり

ちょっぴりロマンチックなのが「モンスター」であってほしいって感じ。

今回はそんな無敵で素敵なモンスターが全盛期だった時代の映画のシーンをカオルさん

テイストに味付け、というか味わい自体が完全に変わってしまっているイラストを、マジェルカの

ギャラリーとアムリタ食堂さんの2会場で一挙公開!

今日はかうんと5の石平(いしだいら)さんという、PCで漢字変換するといつも石田衣良

なって困ってしまう方が何故か奥様と準備にいらして下さいました。

IMG_1285.jpg

モンスターのオンパレード!

展示もなんかかっこいいぞ。

IMG_1284.jpg

一生懸命展示の作業をしているところへ油を売りにいってみました。

「石平さん、これは元々なんのシーンなんでしょね?」

「キャリーです」

「へぇ~、じゃあこれはエクソシストですかね?」

「う~ん、本人にきかないと分からないですね。」(邪魔だから早くどっか行ってくれないかな)

↓「あれ?これモンスター関係なくないっすか?空港でのアイドル追っかけかなんかですよね?」

IMG_1286.jpg

石田衣良氏いわく

「これはゾンビが集団で襲いかかって家の外に群がってきたシーンです。」

むむ、怪味ソースもビックリ恐るべしカオル氏の味付け・・・

こんな「このシーンいったいなんのシーン⁇」的な解き明かしもこの展示を楽しむ要素。

元ネタになった実際の映画シーンの本なんかも持ってきて展示してくれるそうだからこれは

レッツトライですね!

きちんと怖いのもあり〼。(閲覧注意!)

IMG_1287.jpg

ヤバいコワイ・・・

怖くて一人で地下に降りられなくなっちゃいました。。。

ちなみにこのTシャツもカオル氏のイラストです。

会場でも販売します。

『コバヤシカオル モンスターの絵・展』

8/3(月)~8/9(日)※火曜日休み

1Fでは「ガラス展」開催中!