majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

上映会

近頃、どうもマジェルカの地下室がどうだっていう話ばかりしている気がしますが、

前回のブログでご案内した「DXな日々~美んちゃんの場合」の小さな映画上映会

を先日の土曜日にその地下室で行いました。



今後のこのスペースの活用の事も考え、この機会に100インチのスクリーンを購入したのですが、

狭いスペースで100インチの画面にめいっぱい映そうとすると結構後方までプロジェクターを

下げなければならず、笑える事に人が座れるスペースが少なくなってしまったりして・・・

さすがに今回はプロジェクターまで手(お金!?)が回らずに借り物で済ませましたが、そのうち

自前で購入して天井に取り付けてカッチョよくリモコンで操作とかしたいなどと目論んでます。



さて、そもそも今回の上映会を開くきっかけはというと、この映画の主人公で発達障害という障害を

抱えている当事者でもあり、当事者だからこそ障害者に対する理解を広める為の様々な活動を精力的に

行っている“美んちゃん”、そんな彼女はマジェルカの活動に対して強く共感を持って下さっていて、

ある時彼女がマジェルカに来てくれて話をしている内に、マジェルカを応援するため、売上に貢献出来る

方法として自分の映画の上映を提案してくれたのでした。

しかも無償で貸出してくれた上で彼女自身も時間を割いてお話に来てくれるという事。



有難い事です。。。



上映会に参加くださったのは15名くらい。

このスペース、そして今回の会には丁度いい人数だったように思いました。

参加者と近いので質問ややり取りも沢山ありました。



美んちゃんも「良かった」と言ってくれたし、参加してくれた方々もパワフルで明るい彼女のお陰で

皆さん楽しんでくれた様子でした。



さてその翌日の日曜日は、マジェルカが吉祥寺に移転する前にいた西荻窪の縁で仲良くさせていただいて

いた整体の先生(施術してもらっていたワケではありませんが)がこのスペースでこんなワークショップ

を行いました。

一回目は終了しましたがご興味持たれた方は直接お問い合わせしてみて下さいな。



こんな、色んな使い方が出来そうなスペース(っていっても自分はもっぱら工作室としてしか使って

いない気が・・・)です。

以前の「OIDEYOハウス」さんの雷ワークショップのように、今後は1階のショップでお付き合いし

ている施設の皆さんとの展示会やワークショップを企画していきたいですし、それ以外の方(もちろん

施設さんも)にもご利用して頂けるようにサービス案内のリーフレットなども只今作成中です。

ご興味ある方はお問い合わせください。

ホームページのリニューアルがちょっとまだ先になりそうなので、案内が出来次第このブログや

Facebooktwitterなど、なんらかの方法でWEBにもUPしますね。



そして地上に戻って、先日行った一階のショップのリニューアルの様子も一部だけチラリ。




前回記事のリニューアル前の画像と比べて見てください。

この他にも結構あれこれ手を入れたんで覗きにいらしてください。



と、まぁこんな感じで一階も地下も、ゆっくりですが日々進化しているマジェルカです。



どうぞ飽きずにこれからも見守ってやって下さいませ。