majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

ネガティブチェッカー

短期間でブログ更新!

ヤルときゃヤルんですよアタシは!

もうオオサンショウウオだなんて言わせない!

悔しさをバネに!

屈辱を噛み締めて!

敗北を抱きしめて!?

なんかネガティブなのかポジティブなのかよくわかりませんが・・・

しかも大した事でもないし。

さて、ネガティブといえば皆さんは「ネガティブチェッカー」という言葉を聞いた事

ありますか?

そのまんま、ネガティブチェック(ばかり)する人って事らしいです。

マイナス面を指摘する、嫌な言い方だと欠点をあげつらう?

昔、以前の仕事、とある会議の場で私言われた事があるんです。

「君はネガティブチェッカーだなっ!」と

なにかの企画だったか商品だったかに関する打ち合わせの場。

私の立場からは色々問題が多く見えたその内容に関して考え直してもらいたくマイナス面を

あれやこれや指摘する中でボスから言われました。

その時の私なりに正しいと考えた行為でしたが、やろうとしている事に水をさされた相手に

とってはちと厄介に映ったのでした。

ただ、今思うと従業員という、ある意味で結局は組織に守られている立場からのアタシと、

先頭で組織を維持していかねばならない彼。

守りたいものがどこかで違っていたのかと。

「なにもそんなリスキーな事に手を出さなくても。」

に対して

「リスクを冒してもやらなければ!」

ネガティブチェック自体は悪いことではないのです。

むしろそれ無しに「行動あるのみ!」なんてのは単なる無謀で脳みそ筋肉。

予定する行動の中で考えられる不安要素を拾い出してリスクを最小限に抑えるのが

本来のネガティブチェックの意味ある役割だと思うので、結果として行動を撤回し

白紙に戻す事も時には必要な場合も。

しかし、起こさなければならない行動がありながら、そして又、それを自覚しながらも、

やらない事その事があたかも正当であるかのように、周囲や自分への理由づけの為の

ネガティブチェッカーに陥ってしまってはいかがなものでしょう。

それでは決して前に進む事はありえません。

かといって現状維持が大事だとしても、現状維持する為の行動を起こさなければ、何もしなければ

それだってありえなく、むしろ後退するしかない、しかも知らぬ間に・・・

と私は思っています。

それってまさに「座して死を待つ」

あの時の私がどうだったかはここでは置いておいて、しかしここは自戒もこめて。

早いもので今日から3月、春を迎えてマジェルカもさらにカラフルな色がさらに充実してきました♪

福岡の「MUKA」さんから刺繍の布ブローチ。

こちらは栃木の「WILL」さんからダルガラスを砕いて作ったネックレス。

定番になった「うらやすガラス幸房」さんの一輪挿しに菜の花のような春らしい新色が加わりました。

春とはいえまだまだ雪が残る肌寒い気候ですが、是非マジェルカに足をお運びください。