majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

みなさんお世話になりました!

出張から昨日帰ってまいりました!

悲しいけど店が暇なので、今のうちにとっとと皆さまへ出張のご報告してしまいましょう。
いくつかの打ち合わせ等もあっての訪問でしたが、施設訪問中心でご報告って事で。
しかし5泊6日(車中泊含)という長い道中、写真メインでずらずらっといっちゃいます。
※全行程一気にUPなので掟破りに長くなっておりますのでそのおつもりで。
6/16(日)の夜にマジェルカ閉店後に夜行バスで出発!
翌朝京都駅で電車を乗り継ぎ最初に向かったのは滋賀のとある駅前。
そこでやまなみ工房所長の山下さんと待ち合わせ。
山下さん、とっても親切です。
滋賀県内の施設をこちらのやまなみ号で案内して下さいました!
最初に向かったのは信楽青年寮
初日のこの日の空はまだ青空!
マジェルカでも扱っていますが、こんなシンプルだけど扱いやすくて手仕事の温かさ
のある器たちを作っています。
作っているのはその名の通りこんな青年達!
なんせ昭和30年設立ってことで。
こんな綺麗な絵付け皿もありました。
描いていらっしゃるのはこの方。
窓際にはこんなとっても味のあるお人形も。ほしい!
こんなシュールなガーデンチェアもありますがいかがですか?
さて、次に行ったのは信楽青年寮と同じ法人が運営するワークセンター紫香
しかし作業している所ではなくてショップの方だけ見せてもらいました。
こちらでは紙漉きをやっています。
しかし施設さんでよくやっている牛乳パックなどではなくて本格的な楮からすいた和紙
を作っています。
シャレオツですよ。
柿渋で染めたモノもあります。
とても丈夫です。
こんな大きいサイズも
さて、お次はいよいよやまなみ工房へ!
まずはアトリエへ。
いきなりスゴイのが目に飛び込んできました!
鉛筆一本で描いてます。
陶芸作品、手でツブツブを作って・・・
最後はビッシリ‼
実物は迫力で圧倒されます。
他にはこんな絵を描く方
わかります?
日本列島です。
こちらはやまなみ工房さんといえばの感もあるお地蔵さん。
いい表情、いい佇まい♪
そんで作ってるのがこのお方。
あらら、疲れちゃったみたい・・・
こんな個性的な土人形も♪
そんでこちらを作ってるのはこのお方
むっちゃいい感じの声でむっちゃいい感じのリズムを取りながら、むっちゃスゴイ勢いで
作っていきます。
彼の前には他にもこんな作品も
ナンだろ?(@_@;)
あっちに誰か寝転んだまんまですが、手前の彼、別に機嫌悪くないです。
私がシャッター切るタイミングが下手なんです・・・
手前が彼の作品。
なんと彼の作品は靴下のデザインに採用もされています。
そして下がその靴下。
この脚だれ?
このヒト。
奈良にある「たんぽぽの家」の島さんが、この日はお仕事休み
でもあったので何故か同行。
そしてこの絵はというと
似顔絵描いてもらってました。
そして私も。
今までに色んな方が描いてくれた私の似顔絵が増殖中です。
藤本光浩展をいつかやろうかな。
(いらないって?)
別棟に行くと
あらまぁ!なんて自由なスタイルだこと(>_<)
私は彼の描いたこれが気に入りました。
歯がイイ!
そして寝転ぶ彼の横の机にはなにやら沢山。
紙で作られてますがなんだかわかります?
トイレによくある手洗い後に手を突っ込んで乾かすアレです。上から差し込むタイプと
前から差し込むタイプ。
モリモリあります。
作者は不在でしたがこの方は色んなトイレばっかり作ってるそうです。
他にもたくさん!
トイレリスペクターとでも呼びましょう。
設計士の方お仕事下さい(?)
やまなみさんでは他にもスゴイ刺繍も見せてもらいました。
とか
とか
とか
ヤバくね?
他にもこんなのも!
さて、広い敷地内にはギャラリーもあります。
そしてただ今の展示はこんな感じ
先ほどのツブツブビッシリの陶芸作品や
寝転びスタイルの彼の作品を中心に他にもいろいろと展示中です。
ゴメンナサイ!
もう他にもスゴイのいっぱいなんですが紹介しきれません!
見に行って下さい!
会いに行って下さい!
あまりの強烈な個性達を相手にした結果お腹が空きすぎました。
そんな時にギャラリー横のカフェでお昼を出して下さいました。
美味しかった・・・
一息つきながら、初日のお昼までで既にちょっとした疲れ・・・
この先大丈夫でしょうか?
さて、やまなみさんを後に向かったのは滋賀の大津にあるおおつ福祉会ってでっかい
社会福祉法人内の一つの事業所のこだまさん。
ここはWEAVINGB こだま っていうブランド名でなかなかレベル高いフェルトや織り製品
を作っているっぽいので気になっていました。
始めましての挨拶を終えて早速作業や作品を拝見。
ピンボケですが素敵さは伝わりますよね。
フェルトボールです。
みんなで作業中!
ちょうどこんなものを作っていたのでパシャリ。
ヒツジからいきなり原毛!
間にもう少しプロセスを追加してあげたいところですが余計なお世話です!
自らイマジネーション膨らませなさいって話です!
こんないい感じのブツも発見。
フェルトの他に手織りも
わかりますか?
手織り製品を作っている施設さんは多くて、シャトルに巻いた糸を端から端ま通す作業を
繰り返して様々な横糸の入った個性的なシマシマの布を織りあげていますが、こちらはただのシマシマではなくて、途中で折り返して模様を織りあげています。
違う技法ですが、これなんかまた素敵です!
さらにはこんなのまで!
一般的には写真中あたりの、前後にパタパタする部分が2枚の織り機をつかってますが、
こちらではこれが4枚のこの織り機を使う事でより複雑な織り方も可能だそうです。
さぁ、ここまでで既に14時回ってます。
実はこの日は最後にもう一件京都の施設さんに訪問するお約束なので、駆け足で近くの
駅から電車に飛び乗り、京都駅からはバスに乗ってそちらへ。
ここではお話だけでしたので、初日の施設見学訪問はここまででした。
夜は恒例、さっきの島さん含め色んな方とお酒を飲み、色んなお話して、その後は
今年の1月に訪問したSWINGの施設長木ノ戸さん宅へ泊めてもらい、夜中に幼子を
かかえた奥さんを起こして2時頃まで一緒に飲むという迷惑な行為を・・・
お世話になりました<(_ _)>
さて明けて翌日、この日は大阪を回りました。
慣れない電車を乗り継ぎ朝イチでむかったのは、マジェルカでも手織り布雑貨や陶器を
扱っている寝屋川のはたのさと
ちなみにここ二日目からだんだんとバタバタのスケジュールによる余裕の無さを反映して
極端に写真が減っていきます。
すみません・・・
これ、マジェルカに来た事ある方ならご存知でしょうか?
けむけむあおむしの頭部です。
マジェルカでも人気商品です。
こんな小さな人形一つ作る為にも、まずはこんなに綺麗な布を織るところからです。
こんな可愛いヤモリもいたので注文してきました。
スゴイモノを見てしまいました!
わかりますか?
刺し子なんですが、線が途切れてないんです。
布地に刺し通すのでは無く、布地の細い糸を針で一本だけすくって刺繍糸を通している
というすご技!
はたのさとさんは雑貨を販売するショップも併設しています。
そちらではこんなかわいい陶芸製品もありました。
このいい味はカラー粘土と陶芸用クレヨンで表現してます。
駆け足で見学してダッシュで次の約束の地へとバスと電車で向かいます。
間ははしょって着きました。
こちらは以前、とあるギャラリーでの展示を見て面白いなとは思いつつ、グッズ展開を
強くされていない点から特にマジェルカとしてはお付き合いをしていなかったのですが、
先日スタッフさんが東京のマジェルカを訪れて下さった事もあってこの機に訪問。
意外に律儀な私です(?)
描いているのは男性です。
大量のフェルトの人形!
それぞれがデッカイ!
なんという事でしょう!!
こちらにも個性のかたまりのメンバーさんが沢山いらっしゃったし、彼らの作品も沢山
あったのに撮った写真コレだけでした・・・
施設長の白岩さんとのお話に夢中になって、というか白岩さんもよくしゃべるし・・・
そっちに夢中になって写真とっていませんでした・・・
だからと言ってはなんですがコーナスさんのメンバーさんが来月に渋谷のギャラリーで
個展ですって!
詳しくはコチラ
DMもマジェルカに置いてあります。(あべさん、厚み大丈夫でしたよ!)
お昼もすっかりご馳走になりコーナスさんを後にして向かったのはマジェルカでもお馴染み
poRiff(ポリフ)を実際に作っている岸和田にある福祉作業所オーロラさん。
poRiff、さんざんマジェルカで扱ってきていながら実際に作っている現場は見た事ない
って事に気づいてしまいました!
切ってまーす。
貼ってまーす。
アイロンかけてまーす。は飛ばして
縫ってまーす。
という事です!
皆さま頑張ってください!
どうやら新作も近々出来るらしいですよ♪
楽しみですね!
そしてこの日の大阪での施設訪問はここまで、この後はとある方との打ち合わせがあり
その後でもう一件の打ち合わせ。
これは、梅田LOFTで9月に作業所製品を展示、販売するってゆう企画があって、その
お手伝いをする事になっての打ち合わせ。
また詳細はいずれ!
この後はそのまま梅田のかっぱ横丁でお酒飲んで!-foodsの吉野さんとそのまま一緒に
京都に移動して何故か関西で東京のテミルの船谷さん達と合流して飲んだ後で吉野家
に泊めてもらって奥さん起こして3時頃まで話し込んでという・・・
ネコ、かわえかった・・・
お世話になりました<(_ _)>
翌日は朝早く京都駅まで送ってもらってそこから電車とバスで四国の徳島へ。
マジェルカでは器れもんさんから陶器を、グラスアートれもんさんからはガラス製品を
扱わせて頂いております。
どちらも「れもん」
そうです。
同じ社会福祉法人カリヨンという法人内にある事業所なのです。
カリヨンさんには他にも複数の事業所があって。今回はこの2つのれもんさんの他の
れもん徳島という駅前にある事業所から訪問スタートです。
ちなみにすぐ横は徳島といえばの「阿波踊り会館」
さて、れもん徳島では絵画活動をされています。
お一人はこんな感じの絵
徳島といえば民話なんかでも「たぬき」が有名なんですよ。
知ってました?
(あ!たぬきですよねコレ、確認してないけどもしかしたらリスとか???)
とか
もうお一人は
とか
この方、色んなお店の絵を描いてますが、面白いのは全て彼なりのテンプレートがあるというか法則で
描いているところ。
地元の色んなお店さんから仕事で描かせてもらったら面白いのになんて。
いずれにしても二人の絵は見ていてとっても楽しい。
私はアートってのがなんなのかよく分かってませんが
(わかってるって言い切る人いるのかな・・・)
彼らのはアートというよりもイラストって表現の方がしっくりくる気がしました。
どっちが上でどっちが下って話ではなくて。
「福祉」と「仕事」と「アート」って関係を考えるといつも悩みます・・・
わたし別に考えなきゃいけない立場ではありませんが(笑)
なんか時間配分間違えてゆっくりしすぎたらお昼になりました。
ここれもん徳島ではなんとおそば作ってます。
しかも石臼挽きメンバーの一人が「ボクが説明していいですかっ?」っていうので、「どーぞどーぞ!」
とお願いしたら「えーと・・・」「あの・・・」って感じで、結局は違うメンバーが横から口出して
全部説明しちゃったのがなんだか可笑しくて吹き出してしまいました(ゴメンナサイ(≧∇≦))
こちらはダシの煮干しを下ごしらえ
なにげに控えめなピースサイン
このおそばをごちそうしてもらえるってコトで向かったのはナント徳島駅のホーム!!
なにやら全国でココだけだそうですよ。
福祉事業所で運営しているJR駅にある蕎麦屋さんって。
ここにも先ほどの彼の絵が。
さて、この旅の行程もこの日からは雨。
そんな中、車で送ってもらって次に向かったのがグラスアートれもん。
出迎えてくれたのはガラスではなく段ボールで作った「すだちくん」達
こちらで作るフュージングカラス製品、マジェルカでは指輪などが定番になっていますが
他にも色々作っています。
ついてそうそう沢山のスタッフさん達に取り囲まれました。
ワタシの普段の対応の感じの悪さにここぞとばかりに袋叩きにあうのかと半ばビクビク
していたら、新しい商品の展開を色々と考えていらっしゃるようで、その相談に色んな
モノをテーブルに広げて見せてくれました。
好き勝手にああでもないこうでもないって話をしましたが、マジェルカに新しい素敵な
商品が並ぶ事を期待しましょう!
フュージングガラスってのはこんなカラフルなガラス板を
こうやって切って
こうやって重ねて
炉に入れて溶かして作ります。
ちなみにこちらでもこんないい感じの絵を描いている方もいらっしゃいました。
みなさん有難うございます!
頑張って売ります!
次は陶器を作っている器れもんさんに向かいます。
着きました。
本当はそこそこ遠かったです。
こちらはマジェルカにある陶器の中でも人気があって定番と化した飴釉にかわいいリンゴ
の絵を描いた小皿とマグカップを作っています。
驚く事に写真、これしかとっていなかった・・・
すみません。
こちらの器は綺麗に形が揃っているんです。
そこを聞いたら、工法はどこでもやっている方法ですが、やはりちょっとした工夫と
ひと手間を掛けていました。
色々な現場を見るとやはり勉強になります。
夜は徳島に宿をとっていたので、グラスアートれもんの職員さんがお食事に付き合って
くれました。
有難うございました。
普段電話でしかやり取り出来ない方達とこうやって一度でもコミュニケーションを取ると
お互いその後の仕事はやり易くなります。
ウツボ、こちらでは普通に食べるそうです。
さて翌日の施設訪問の旅最終日は徳島駅を朝の5時半頃に出発して瀬戸大橋を渡って
岡山へ。
雨が強まってくる中で3時間近くかかって着いた岡山駅はちょうど通勤ラッシュの真っ只中。
そこからバスに乗ってうらやすガラス幸房へ着きました。
こちらはマジェルカに吹きガラス製品を納めて頂いています。
以前にお邪魔した際にもお会いしている工房内でもエース級のこの方が調子を崩して
お休みされているというお話を聞いていたのですが、いらっしゃったので少し安心。
今回初めてお会いするこちらの方は私を見て
「テレビ局の人?」と
「違うんですよ」と言ったらちょっとがっかり・・・
そしてその後で「写真とって」って(笑)
写りたがり屋さんみたいです。
そしてそれまで作業しないでブラブラしていた癖にカメラ向けた途端におもむろにポーズ!∑(゚Д゚)
それっぽくカッコよくうつりましたよ(たぶん)
棚に沢山並ぶ吹きガラス製品とは別に目に付いたのがこちらのミルクピッチャー
トライ中との事ですが、こちらポテンシャル高いといつも思っています。
吹きガラスとは別にトンボ玉のアクセサリーも素敵なのがありました。
さて、今日はもう一件岡山で行きたい所があったので後ろ髪引かれながらも早々に出発。
車で送って頂いて着いたのは岡山けんかれんの中の事業所ふぁみりお。
こちらはけんかれんの事務局長の綾部さんが以前に東京に来た折にマジェルカに寄って
下さった。
残念ながら私は不在だったのですが置いて行った資料に載っていた商品に目が行きました。
それはノッティングとも呼ばれる結び織りという技法で作られる椅子敷きでした。
一昨年の岡山訪問時にも、ノッティング作っているとある施設さんを見付けて訪問しながら
取扱いに至らずでしたが興味はずっと持っていました。
せっかく岡山行くなら是非と訪問してきました。
おしゃれなロゴ。
どなたかデザイナーさんに?と聞くと、なんとスタッフさんが考えたそう。
センス良い方!
そしてノッティングてのがこちら
このノッティング、以前も書きましたが、日本民藝館の前館長 柳宗悦氏と共に民芸運動
立役者の一人でもある外村吉之助氏が倉敷に創設した倉敷本染手織研究所で作り伝えらえ
てから岡山県倉敷の伝統工芸品として根付いて人気もあります。(好きなヒトには)
加えて手間と時間がかかる品なので、私も以前にそれをある場所で注文しようとしたら
一年半待ちと言われました・・・
そんなあこがれのノッティングをこちらでも障害のある方々がゆっくり丁寧に制作している
のです。
これが渋い椅子に合うのです。
結び織りと言われる所以
一房一房縦糸に結び付けていくのです。
そして岡山(倉敷)といえば帆布です。
実はこのノッティングの糸はその本場倉敷の帆布工場から出た端材を利用しています。
帆布を織った際の端っちょの部分。
繋がってる先は帆布生地がつながっていた部分。
他にも岡山(倉敷)といえば私も穿いていますが国産ジーンズ。
こちらではその国産ジーンズの端材を使った布雑貨も作っています。
「障害者が作っています」だけではない、そこならではのストーリー、そのモノの背景。
ポテンシャル高いな岡山!
あぁ、時間が・・・
「12時半の岡山発の新幹線に乗りたいんです。」
駅まで送ってもらって滑り込んで向かったのは山口の徳山。
最後の目的地はマジェルカでお馴染み帆布バッグの光あけぼの園のはんぷ工房結
以前お邪魔してから体制が変わって工房も移転しショップも併設という事で楽しみです。
駅まで、以前お世話になって今は別事業部の所長となられた前崎さんが迎えに来て下さり
再開を喜びあいながら到着。
何!?
おしゃれなエントランス!
ん?
違和感に気づいて寄ってみたら
仕込みとしか思えない位にはまってるカエルちゃん。
カエルだけに「お帰り」とでも言って歓迎してもらっているのか!?
ショップの中は
マジェルカのディスプレイ用にダダこねてもらおうかな・・・
きちんと並べると迫力ありますね。
ここまでとはいかずともマジェルカももう少し綺麗に置ければいいんですが・・・
工房の場所は以前と変わりましたが、なんだか勝手に懐かしい気持ちに。
スタッフさんもですが、メンバーさんも以前とは違う顔ぶれが多くなっていました。
その中にも覚えのあるメンバーさんを見掛けるとホッとしたり。
途中で最初のご担当で当時色々尽力してくれた佐々木さん(旧姓)からお電話も頂き
なおさら懐かしい気持ちになったり。
みなさんと色々なお話をさせて頂きすっかり夕方に。
前崎さんやこちら光あけぼの園の西岡園長、そしてこちらも久々の再開だったアート活動
をしているアトリエnonの金子さんと4人で焼き肉を食べて今回の出張最後の夜が
幕を閉じました。
このあけぼの園さんや、先のうらやすガラスさんに以前お邪魔したのがいつだったのかと
調べると2011年の11月でした。
その時の記事はこちら(間に別の話題も挟みながらここから数回連載してますが)
マジェルカがオープンしたのが2011年9月ですからオープンして比較的すぐの頃だった
んですねぇ。
そしてそれからおよそ一年半後の今回の再訪問。
今でこそ、お陰様でこの福祉業界内でマジェルカという名も少しずつ知ってもらえて、
施設からのアプローチがあったり、こちらからのアプローチもしやすくなっていますが、
当時(っていっても2年も経ってませんが)は一箇所一箇所との取引を始めるのは思い
出しても中々大変でした。
というより、全く福祉界にコネクションが無い立場でしたから、そもそも良い商品を
作っている施設さんの情報を集めるのが大変でした。
だからだと思うんです。
思い入れが強くなってしまうのも。
なんにせよ、色んな人にお世話になり、色んな人と出会えて、色んな人とお酒を飲んだ
出張でしたとさ。
おまけ
昨日の朝に徳山駅を出て西荻窪についてマジェルカを開店させると、八王子から
木馬工房さんが来られて阿山くんに会えました!
阿山くんについてはこちら
おしまい。