majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

ネネとユズ

 こんにちは!

毎日毎日暑いですね。
こうあまりにあっついと大して忙しい訳でも無いのになんとなくダラダラとしてしまいます。
そんなわけでブログの更新もすっかりご無沙汰です。
さて今日のタイトル。
今までの私のブログの中でちょこちょこと意味も無く出現していたのでご存じの方も
いらっしゃるかもしれませんが、我が家に巣食うケモノ達のお話です。
(“獣”なんてワイルドじゃなくって暑っ苦しい“毛モノ”です。毛モノを通り越して毛玉といっても
いいかも)
そいつらの名前がネネとユズっていいます。
既出の画像ですが、こいつがネネ
我が家では別名「マダラ丸」とも呼ばれています。
(でも女の子です)
その面白い模様とあわせてごらんの通り目玉が丸すぎるのが特徴です。
目玉に加えて体もズングリムックリで尻尾も丸まっていて耳もとんがってないという
全体的に丸で構成されたマダラ模様のクリーチャーです。
水を掛けても変身はしませんでした。
子猫の時に風邪をひいて我が家の前でうずくまっていたところを保護されました。
最初はゴミが落ちてるのかと思いました・・・
おっとりしていてドンくさい癖に臆病ものです。
お次はやはり既出画像ですが「ユズ」
見た目の通りに生意気です。
一番小さいくせに我が家で一番イバっています。
私がくしゃみをするとすっごく怒ります。
その癖に夜は一人で眠れません。
お母さん(私の妻)と一緒じゃなければ眠れない位に甘えん坊です。
そこそこ見た目も可愛く超生意気だけど甘えん坊の女の子。
人間だったら色々とやっかいなタイプかもしれません。
クンクンせわしなく嗅ぎまわるところと長い尻尾、ピンクの鼻がネズミっぽいので
「ユズ」じゃなくって「ネズ」とも呼ばれてます。
さて、今回は何故こいつらの紹介をしてるかっていうと、神奈川県の平塚にあるアート活動を
しているあの「studio COOCA(スタジオ クーカ)」。
そこに通うメンバーの中でも、強烈で破壊力抜群な個性の持ち主として知る人ぞ知る
二見画伯(ちなみにマジェルカでも大人気の納豆ポーチの絵を描いた人です)が、
なんと嬉しい事にこのブログに載ったネネの画像を見て絵を描いてくれたんです!
それがこいつだ!
どうですかっ!
カワイイでしょ?
目玉のグリグリ加減、キラキラ加減もしっかり表現されてます!
“ふるさと便り”が何故か“energen”に!?
そこに写っていないアタシをオシャレなバースツールと一緒に描きこんでくれたりする
あたりもステキ♪
嬉しいネ♪
他にもたくさん描いてくれているらしくってご本人が付けたそれらのタイトルが
ミニストップの店員ネネ」
とか
「あぶりおおとろサーモンを覗き見するユズ」
とか
「生の牡蠣に興味深々のユズ」
とかとか・・・
タイトル見ただけでもなんだかゴクリ(@_@;)
早く見たい!
皆さんも見てみたくないですか?
見たいですよね。
はいはい、わかりました。
というわけで8/20(月)から8/31(金)までマジェルカで二見画伯のミニ個展として展示させてもらうことが決定です!
もしかしたら作家在廊日とかある!?
(あったらあったでちょっと怖いけど・・・なんてね)
※お知らせ
マジェルカは8/13~8/15お休みを頂きます。
また、8/6(月)8/12(日)は18:00で閉店とさせて頂きます。