majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

海老

海老が好きです。

世界の海老の1/3を日本が消費しているそうですが、その驚きの消費率を
押し上げるのに私一人でも結構貢献しているのではないかと思っている
ほどに海老が好きな私です。

それほど海老が好きな私に今日、ナゼ?と思う出来事が・・・

某コーヒーショップで海老入りサンドを注文しました。
期待に胸を膨らませながら頬張ったのですが???
あれ?プリプリしないけど?

そう、そこには肝心の海老が入っていなかった((((;゚Д゚)))))))
しかもこの出来事は初めてではありません。
私に海老を食べさせたくない誰かの力が陰で働いて
いるのではないかと疑ってます。

さて、ここでアタシ考えました。

期待していたモノが入っていない事に対して人はガッカリするという事、
そしてその反対だった時は?

まぁ海老入りを謳ってて海老入ってないのは
期待裏切る以前の問題ですが、入っていたとしても
プリップリのエビでなくてオキアミのようなミクロな海老だったらがっかり。
逆に伊勢海老なんて入ってたら小躍りして大喜び!
なんと素敵な予想外でしょう。

ではマジェルカで売ってるモノたちってお客さんにとって
どうなんだろう?
伊勢海老って程じゃないにしても予想外のパターンが多いと
思ってるのですが。

おおかたのお客さんはまずそのモノに惹かれて手に取り
レジでお代を払って下さる。
そして実はそれらが障がい者が作った製品だという事を伝えると
殆どの方が「へーッ!」と驚いて下さる。
「ゲッ!マジかよ、だったらいらねーよ」と言った
方は今のところいらっしゃいません。
そしてそのウチの幾人かは「ヘーッ!」のあとで
「いい買い物をしたわ♥」とか
「だったらなおさら大切にするわ、うふっ♪」
なんて仰って下さる。
そんな時のアタシの鼻の穴の膨らみようといったら・・・

まずはモノとしての魅力を感じてもらえるかが第一ですが、
それに加えてある種の“思い入れ”を抱いてもらえるのが
作業所製品なのかもしれない、
そして他のモノには無い作業所製品だからこそ持ち得る魅力、
高い付加価値を持っていると考えています。

ただしその価値を押し売りしない限りは、の話ですがね。

さあ!いよいよ明日6/13日からご近所のgallary cadoccoさん
との合同企画【ココロのワ】cocoro no waがスタート!
急遽14日には参加施設の杉並魔法陣さんの天然酵母パンが入荷する事に!