majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

つながる。よりそう。

普段は週一回のお休みの時以外は店から外に出る事がなかなか出来ないのですが、

先日の土曜日は、とっても理解があり愛嬌たっぷりの妻が手伝いに来てくれたので、
(一応彼女、このブログこまめにチェックしてますので・・・)
少し店を抜け出して、赤坂の日本財団ビルで開催されていた、日米自閉症スペクトラム研究会議
という機関の啓発イベント「Get in touchi!つながる。よりそう。」を覗いてきました。
このイベントに関わっていらっしゃった西荻窪にお住まいの絵本作家のスギヤマカナヨさんが、
マジェルカにチラシを持ってきて下さって知ったイベントでした。
私はこの仕事を始めた事で、初めてきちんと障がい者と関わり始めたので、まだまだ知らない事(というか知識の部分は殆ど)が多いので、断片的な話しか出来ませんが、世の中では自閉症
を、引きこもりのようなモノや、単なる性格の問題、はたまた心の病気だと捉えている人も多い
ようです。
でも、それは間違いで、先日お邪魔した逗子の自閉症専門施設の湘南の凪のエイムの所長にも
教えて頂きましたが、れっきとした先天的な脳の機能障害なのです。
そしてスペクトラムというのは「連続体」という意味だそう。自閉症アスペルガー症候群、広汎性発達障害などなど、ひとくちに自閉症といっても知的レベルや自閉症状の高低が絡み合う
中でその人がどの部分に属するかで呼び方が変わってくるようです。
IQが高く知的な障がいが無くても自閉症という場合もあるという事です。
自閉症の方の症状としては、社会性やコミュニケーション能力に困難を抱えてるが為に、
場の雰囲気が読めなかったり、場違いで一方的な発言をしたり、言葉を額面通りにとらえたり
(例えば「まっすぐ帰りなさいね」と言うと「まっすぐ行ったらぶつかっちゃうよ」とか)
又、極度なこだわり行動があるということらしいです。
う~ん・・・難しい(-_-;)
なんか、多分障がいじゃないのに自分も含めてそんな人も結構いるような気が・・・
何が障がいで何が障がいじゃないのかがわからなくなってきました。
そして、興味や関心の範囲が極端に狭い。けれどその結果そこにとてつもない才能を身に
つける人がいるといいます。
先のエイムでもコンピューターをばらしてまた元にもどす方がいるとか・・・
平塚のCOOCAでアート活動する人達もそう。
マジェルカで演じてくれた紙芝居作家のさやかさんもその一人。
COOCAといえば、さっきの何が障がいで何が障がいじゃないのかって話ですが、先日施設長
と話した時に「障がい者とどう接すれば良いのかわからないとよく言われます」という私の
言葉に対し「普通に接すればいいんだよ」
そう、自分を含めて障がい者とされてない人達だって良くも悪くも色んな部分を持っています。
障がい者だからって特別扱いしないで普通に接するというスタンスも必要だと思います。
(とはいえ、足の不自由な方に席を譲る思いやりと同様に、障がいそのものに対する気遣いや
思いやりは必要ですよ。足の不自由な方に対して“みんな座りたいんだからお前も平等に立ってろ”とは普通いわないですよね。もし言う人はここでさようなら・・・)
「Get in touchi!」自体の話に戻します・・・
この企画はあのタレントの東ちづるさんが中心になって開催したイベントとの事。
私も初めて知ったのですが、今、東さんは障がい者アートの魅力に取りつかれ、その啓蒙活動
に結構本気で力を注いでいるそうです。
訪ねた会場では沢山のアート作品が並べられて販売されていました。
スギヤマさんがビルの大きなガラス窓に何やらクレヨンで絵を描いていらっしゃるのを発見!
しばらく見ていると沢山の子供たちとガラスの外側と内側でコラボして作品が生み出されます。
面白い!まさにこれも“つながる”の形ですね。
タイミングを見計らってお声がけしたら私の訪問を大層喜んでくださってこちらもとっても
嬉しくなります。
今回の活動でスギヤマさんも障がい者への理解や関心が高まったとの事で、同じ西荻
マジェルカのようなショップがある事をとても喜んでくださっています。そう思って頂ける方が
近所にいらっしゃって、こんな形で縁がつながった事が私もなんだか嬉しく、又心強くも
なりました。
使っていたのはクレヨンではなくてキットパスというモノ。
つくっている製品。なんとこの会社、従業員の7割(7%じゃないですよ)以上が障がい者
いうすごい会社。
実は以前、あるところでキットパスを目にしてから薄々気にはなっていたのです。
するとスギヤマさんが会場内にいた日本理化学の会長秘書の大山さんをご紹介くださりました。
大山さんも又素敵な女性です。
ホントに丁寧にご案内くださり。キットパスを普及する活動への思いがひしひしと伝わります。
私はモノを売るっていう単純な仕事をしてますが、どれだけそのモノに思い入れを持てるかが
その一つ一つを売る為の仕事への原動力になると感じてやってますから、大山さんから
キットパスの背景を知れば知るほど、思いを感じれば感じるほどテンションも高まります!
そのうちきっとマジェルカでもキットパスを大山さんが喜んで下さるような方法で扱えればと
思っていますし、是非会社の方にも見学にお邪魔できればと思っています。
その時にはどうぞよろしくお願い致します。
そう、そしてその数日後にはこのイベントで多くの作品を展示し、中心的な役割を担っていた
川口の「工房集」http://kobo-syu.com/の梅田さんがご家族と一緒に突然にマジェルカを
訪れてくださいました。むちゃくちゃ元気な坊ちゃんでした。
(素敵なカレンダーをマジェルカにて絶賛発売中です!)
それにしてもこんな形で何かのきっかけに色んな方々とつながっていけるのは有難くもあり、
楽しくもあるとつくづく感じます。
(あっ!このイベントタイトルがまさに「つながる。よりそう。」でしたね)
最後に昨日入荷した製品のご案内! ふふふ・・・商売っ気を忘れないのがこのアタシです。
のスワロフスキークリスタルのピンバッジ、ブローチがたくさん入荷しました。
わざわざこちらの職員の西山さんが行商のごとく沢山抱えて持ってきて下さった中から
選んで仕入れさせて頂きました。
(ここでも、西山さんから「これはですねぇ~・・・」なんてエピソードを聞くと、つい
「じゃぁそれも下さい!」ってなってしまうのでした)
今回はクリスマスバージョンも入荷です。
こちらは大きめのブローチ。
かがやきを失いかけているアナタに是非!
こちらはかわいいピンバッジ。今回はストラップも入りました。
真っ白な雪だるまが素敵!
純真無垢な心を失ってしまったアナタに!
そしてクリスマスバージョンではありませんが、目玉はコイツだっ‼
なんと!5種類の大きさの違うビーズを使っているそうです。
なんでも10年以上の慣れたメンバーでも一日3時間程度ですが3日ほど掛けてやっと仕上がる
そうです。
キラキラの輝きが私の腕では上手く写真におさまらなかったのが残念(>_<)
過去の輝かしい思い出にいつまでもすがりついているアナタに是非どうぞ!
「売る気あんのかコラ!」
という言葉が聞こえてきそうですが、汚い言葉を使っちゃぁいけませんよアナタ(-。-)y-゜゜゜

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ