majerca’s blog

日本全国の障害者施設で作られた雑貨だけを集めたセレクトショップ「マジェルカ」のブログ

周南あけぼの園2

皆様おはようございます。

 前々回、周南あけぼの園さん訪問の記事が中途半端に終わったままで告知記事を間に

挟んでしまいました。
すみません(;´▽`A``
さて、では周南あけぼの園さんの続きです。
バッグ制作チーム「帆布工房結」の見学を後にして、アート活動チーム
「アトリエnon」さんに移動します。
階段の途中に巨漢くんが行く手を阻むように寝そべっています( ̄▽ ̄;)!!
「ここを通りたければ質問に答えろ・・・」とスフィンクスのような事を言ったかどうか
定かではありませんが。(言ってません、全く・・・)
そんな困難もモノともせずに私と佐々木さんは「アトリエnon」に辿り着きます。
アトリエnonです。とても整理されていて綺麗です。
いえ、さっきまでも綺麗でしたが・・・多分
描いてます。
藤村義孝さん。「寝てたでしょ~っ!」と佐々木さんに突っこまれながら
「寝てない!」と言い張りながら赤い目をこすってました。
細かな点描のようなタッチの絵を描きます。
眠くもなりますよね?どうなんですか、ホントは寝てました?
八木さんです。とても細密な刺繍作品を作っています。
すごい!なんと山口県知事賞を受賞されてます。
刺繍をしていない時には目もくらむ程細かいピースのジグソーパズルを組み立てて
いるそうです。
私は指先の細かな作業を15分以上続けると吐き気をもよおします。だから尊敬します。
頼んでないのにポーズとってくれました(笑)
彼がアトリエnonを作るきっかけにもなった徳原 望さん。通称ノンちゃんです。
こちらは新作でしょうか?
素敵です。
ポストカード化したら是非マジェルカに。
ノンちゃんは休み時間や家では、普段下の様な絵ばかり沢山描いているそうです。
食いしん坊万歳です!
そうなんです。彼は作品としての絵とそうではない絵をきちんと描き分けているそうです。
上の様な普段の絵は日記の感覚で比較的リラックスした環境や状態で描いているのでしょう。
そして一転してモードが切り替わると(切り替えると)アドレナリンが放出され、溢れた
パッションがそのままキャンバスに叩きつけられているとでもいうのでしょうか?
(自分で何言ってるのかよくわかりませんが、なんかその方が評論ぽくないですか
彼の横のラジカセからは軽快なポップスが流れているので、「これは?」と訊いたら
「タキツバ!」・・・
「へ?滝壺?」
見かねた佐々木さんが「タッキーと翼です!」
ポストカードで見た素敵な絵を描く八登美さんにもお会いしたかったけれどお休みでした。
代りに下の絵をどうぞ。
今改めて見とれてました・・・(*´ο`*)=3
さぁ、じっくりと施設内を見学させてもらったところでちょうど園長の前崎さんが
戻られましたので園長室にお邪魔してご挨拶をしましょう。
初めてとなる地元山口以外での取り扱いとなるマジェルカとのお付き合いに、快くご理解を頂きご尽力頂いた結果、こちらの帆布バッグは今では当店の看板商品となっています。
ここに至るまで佐々木さんを介しながらも随分とやり取りを重ねさせて頂くなかで、彼女からは常に「うちの園長はすごく前向きで熱い人なので・・・」と伺っていました。
実際、色々と調整が必要でご苦労をおかけした部分はあったかと想像されます。
それでもそういう責任者の方が率いる施設だからこそここまでタッグを組んでうまく軌道に
乗せられているのだと思っています。
(・・・園長、佐々木さん、どうでしょう、このぐらいでもういいですか?)
実際に伺っていた様にとても気さくに歓迎していただきました。
そして色々なお話を伺いました。
地元山口では想像以上にかなりご活躍をされています。
成功事例として多くの取材を受けたり、デザイン学科の学生さんとコラボレーションした
大きなイベントを企画し、動員数も売上もかなりの規模を打ち出したりしています。
ここで、何故帆布バッグを?と伺ってみると、なんでもつい数年前は今までの記事で紹介した利用者さん達に、いわゆるどこにでもあるような(と言っては失礼ですが)キーホルダーや
何やらの授産製品を作ってもらっていたそうです。
売れません。
作っている本人たちも面白そうではありません。
そして自分たちも面白くありません。
見回すと、ここに来る前に縫製工場で働いていた利用者さんがいらっしゃいました。
閃いて、初めは県内で酒袋でバッグを作っている方(それはそれで面白そう)のところに
行って指導を受け、作り始めたそうです。しかし材料供給や売上も伸び悩みました。
さて、お次は帆布バッグってのがあるらしいぞと、その時点では帆布ってなんぞやって世界
だったそうです(笑)
そして今の帆布素材の供給元になってくれている倉敷の帆布工場に直接連絡をして訪問します。
そこは思いがあったからこそ通じて招いた結果といえるでしょう、はれて素材供給と技術指導
をしていただく事が出来、現在の工房の基礎を築くことができたそうです。
そして先にも述べたように「周南あけぼの園」ではなくて「帆布工房結」としてやっていくぞ
と施設内で発表した時には皆さんから「わぁ~っ!」と歓声が起こったそうです。
そのエピソードにも、その当時を思い返しながら感極まって目を潤ませる園長にも
わたし感動しました!
アトリエに関しては、ある時ノンちゃんが休憩時間に書いていた先程の食いしん坊な
落書き(失礼)を目にします。
試しに絵筆を持たせてみると・・・
今ではワタミ会長もファンクラブに入っているほどの立派な作家さんです。
人によってはラッキーに映るかもしれません。
実際に他所からは「おたくは皆さんの障がいの程度が軽いから・・・」と言われる事も
ままあるそうです。
はたしてそうでしょうか?
ここで活躍している彼等彼女達の中には、他で受け入れられず、問題行動などから様々な施設
をたらい回しにされてここにたどり着いたという経歴のある方もいらっしゃるそう。
その方にお会いしてみても、落ち着いていて今の本人からはとても想像できません。
他所では受け入れられなくても、今、ここではその方しか持たない個性を発揮した、かけがえ
のない一員となっています。
話の最中にも園長は「○○は今ウチの宝です!」「△△もウチの宝です!」としきりに
おっしゃっていました。
そしてまた素敵に思ったのは、スタッフに関しても、工房結、アトリエnonにともに良い人が
入ってきてくれている御陰で今がある、とおっしゃっていた点です。
昨日訪れた愛育寮で40年以上障がい者と関わっておられる寮長さんが
「自分は何もしていない、むしろ彼女達から色々なモノを教わっている」という言葉とも
重なりました。
さて、その後は市内にある福祉ショップを案内していただき、今後の課題などもお話しし、
夜にはわざわざ席を設けてまで頂き、園長、佐々木さん、そしてわざわざお休みのところ
駆けつけて下さったアトリエnonのご担当の金子さんとお酒と美味しいお魚を頂きながら
熱い話の続きを繰り広げたのでした。
ちなみに佐々木さんは翌日ご入籍で、「独身最後の夜を藤本さんと・・・」など意味深な言葉
を発していましたが、以前一緒にマジェルカにも来てくださったご主人が送迎役として宴席
に途中参加されて無事に帰られました。
とても実り多くとても楽しい一日を周南あけぼの園の皆様(そして佐々木さんの旦那さま)
ありがとうございました!
最後に
フミちゃん、タケちゃんの刺繍バッグはじめ他にも色々と素敵な帆布バッグ作品を作って
頂いています。
それらを展示販売する企画を1月に予定しております。
皆様楽しみにお待ち下さい!
又、オーダー制作を得意としている帆布工房結です。
マジェルカでも現在扱っている規格品だけではなく、今後はオーダーを受けさせて頂ける
事となりました。
詳細は今後詰めていきますが、
・規格品をベースにしたセミオーダー
 例えば取手、肩紐の素材変更、サイズ変更や追加。ポケット追加。サイズ変更。刺繍など
・フルオーダー
 完全にデザイン、仕様の持ち込みはもちろん、大まかなイメージからのご相談まで
よろしければ是非ご検討下さい。