全国の福祉施設で作られている手仕事品のセレクトショップ

「ネコとマフラー」展の告知といいつつも

右目が“ものもらい”にかかってしまいました。
結構腫れて熱くて痛い。。。

昔から疲れがたまったりして免疫が落ちるとすぐになるのですが、
別に普段に比べてそんな疲れが溜まってる気も、とりわけ忙しい気も
残念ながら全くしないのですが・・・
店頭に出るにしても見苦しいだろうからいっそ眼帯でもしたいところ
なのですが私の場合は左目では物の判別がほとんど出来無いのでそうも
いかず。

というわけでお会いする方にはしばらくお見苦しい点ございますが
どうぞご容赦くださいませ。

マジェルカ地下で開催されていた「あとりえトントン」さんの「革いいね」
展が昨日で終了。
当初目標としていた売り上げも大きく上回って満足いく結果だったようで
マジェルカとしてもなにより。
会期中にはスタッフさんだけでなくメンバーさんも来てチラシを配ったり
自分の作った商品をお客様に説明したりと張り切っていた様子です。
トントンの皆様お疲れ様でした。

そして明日から始まるのがこちら

「クラフト工房ラ・まの」さんの「ネコとマフラー」展

昨日の閉店後に準備をしました。
IMG_2768.jpg
今回は地下スペースではなく1階のショップの一角にコーナー展示です。

ラ・まのさんでは本格的な草木染めや手織りの製品を作っています。
そんなラ・まのさんで作られたマフラーを中心に出品。

IMG_2771.jpg
実際に染めに使っている素材を展示用に送ってくれました。

IMG_2770.jpg
色合いがとても綺麗。
こんなにカラフルなのが全て自然の色というのがすごい。

また、マジェルカでもポストカードで人気の尾崎さんという作家さんが
ラ・まのさんにはいらっしゃいます。
その尾崎さんが今回の為に描き下ろしてくれたマフラー猫の作品の他、
猫を描いた原画を数点お借りして展示させてもらっています。(作品は非売)
IMG_2772.jpg
ポストカードもたくさんあります。

猫好き必見です。

犬好きさんもぜひ!
IMG_1715.jpg

期間が年明けの1/6までと長いですがマフラーはもりもりっとあります。
とはいえほとんど一点モノなのでお早めの方が選ぶ楽しさがありますよ。

☆今の時期にはクリスマスプレゼントにもおすすめです☆

皆様ぜひ遊びにいらして下さい。

以前「クラフト工房ラ・まの」さんへ訪問した際のブログ記事はこちら
(この次の日もラ・まのさん訪問記でした)

さて、一昨日の日曜日に社会福祉法人愛成会さんが主催するセミナーで
お話をさせてもらう機会がありました。
平塚にある「studio COOCA」のKさんと埼玉にある「かうんと5」のIさん
ともご一緒。
どちらもマジェルカではお馴染みの間柄なので気も楽に。
Iさんがしゃべりすぎたので私は10分位しか話せなかったのですが
(というと真面目なIさんが頭抱える様子が目に浮かぶのが面白くて言っ
てます)おかげで楽チンでした。

アートの商品化とか権利というテーマだったのですが実際はそこの
具体的な話というよりは各々の活動の紹介となりました。
マジェルカの目からみてCOOCAさんは比較的長い活動と独自の
発信力で福祉業界内外にたくさんのファンを作っていますし、
かうんと5さんは精力的に活動の場を増やして新たなファンを
増やしている団体さんです。

そのどちらもメンバーの作品を商品化含めてどのような方法で世の中
に発信していくのがメンバーにとって、また関わるスタッフにとっても
良いのかという事を常に悩みながら試行錯誤しながら活動されていると
いうのが印象的でした。
マジェルカではアートに特化した製品を扱っているワケではないですし
私自身そっち方面に造詣が深いワケでもないので簡単にいえない部分も
あるのですが、障害のある方の活動の支援をされている方には、それが
アートであろうがパン作りであろうが軽作業であろうが、それが第一に
支援する相手にとって、また、結果それが自分にとって、そして中には
世の中にとって最善なのかを悩みながらされている方も多いのでは
ないかと感じています。
そして何か他にもっと良い方法があるのではないかとも。

偉そうで恐縮ですが、そうやって悩むことはその役割としてきっと必要
でしょうし、私はむしろそうあってほしいと思っています。
ただ、それと同時に、というかその先には決断と、それに伴う様々な
覚悟も必要だと考えたりもしています。
覚悟というと大げさかもしれません、責任でもいいです。

さらに偉そうですが、そこが出来る団体や支援者って意外と少なかったり
するのではないだろうかと思いながら見ています。
悩み考える続ける事が目的や満足みたいにもなっていたり。。。
特に覚悟をしての決断ではなかったが為に目的を見失ったり。。。

アートに限らずですが、なにかを活動として、仕事として選ぶ時に
ある程度の覚悟をもって決断をする際の拠り所は一言でいえば「目的」
だと私は思います。

「なぜそれを作ったんですか?」
これは私が商品を持ち込んで来られる福祉施設の方に必ず尋ねる質問なの
ですが、腹にストンと落ちる答えをして下さる方は意外と少ないです。

障害者アートへの注目が高まっているらしいです、障害者福祉業界の内側
では特に。
同時に障害者アートを前面に活動をする、しようとする方や団体も急速に
増えているようです。

盛り上がっている方に水を差すような事も言いますが私自身は別に障害者
アートそのものにアンチなわけではありません。
制作活動が関わる当事者にどのような効果や意味があるのかをその現場で
直接関わっているのではない私が言える事はないですが、外の立場からみて
外と繋がるツールとしては強いものがあったり、便利なものでもある
と思っていますし、障害者アートがある種のブームだとしても、それは
チャンスとして利用すればいいと考えています。
(ただ、それを理解し、その先を考えた上でとは思いますが。)

長らく障害者のアート活動の支援に携わっている方が、今でこそ有名美術館
でも障害者アートの作品展が開かるけれど、昔はそんな場所に障害者アート
を持ち込んでも美術館や学芸員のキャリアに傷がつくとまで言われ断られた
というお話をしてくれた事があります。
もちろんその頃が良かったというのではありません。
ただ、そういう時代があった事、そしてその中でも思いをもって活動を続けて
来た人たちがいることで今のような状況があるという事は知っていた方が
きっと良い。
そして、経験していなくともそういう見られ方が世の中には存在するという
のを理解しつつもそれを広めようとするのと、見渡せる範囲での好意的な目
だけとしかお付き合いしないのとでは、そもそもの動機も覚悟も広がりも
全く違うのだろうなと考えたのを覚えています。
(これはアート活動に限らずですが)

また先日、アートが持つ力をその方なりに信じている方とお話をしていて、
きっかけがどうであれ創作活動に興味を持ってくれる福祉現場の方が増える事
は嬉しい、とおっしゃっていました。
それを聞いて、なるほど確かにきっかけはどうでも良いのかもと思いました。
さっきの覚悟を持ってという話とは矛盾するようですが、知る事、やってみる
事、(さらに知る事)、結果(効果)を生む事、広める事、続ける事の中で最初の
知る事、やる事のきっかけなんてなんでもいいと思います。
むしろ覚悟だ覚悟だと大げさに考えすぎてやってみる前から諦めるよりは。
マジェルカもそうであったように、やってみる事で見えてくる事があります。
ただし、ただやる事それ自体が目的ではなく、その先どこまで求めるかなのでは
ないかと。

マジェルカには色んな立場の方が来られて色んなお話がきけて色々考え
させられます。

さて、このセミナーの午後には現代アートでは著名なギャラリストの小山登美夫
氏の講演がありました。
ちょうどひと月ほど前に彼の「現代アートビジネス」という著書を読んだ
ばかりでもあったので、午前で吉祥寺に戻るつもりでしたがせっかくなので参加
させてもらいました。

アートを商品として売買する立場の視点での、「作品」が、扱われる様々な
場所によってそれが「作品」である割合と「商品」である割合が変わると
いう話や、初めからマーケットを意識して作られた作品よりも、作家が、
その想いや思想やら歴史等々を投影して自ら作りたくて作った作品の方が
結果的には市場での価値が高くなるケースが多いという話は興味深かった。
そう言われると自分で昔たま〜に描いたり作ったりしていた時でも、あまり
考えないで思いのままに作った方が面白い物が出来て、次にまたそれを狙う
ともうぜんっぜんダメだったりしたな。
小山さんのいう作家さんとは全然レベルが違いすぎますが・・・

とはいえマジェルカで扱うものは基本的には始めから「商品」としてマーケット
を意識して作られたモノがほとんどですのでそこんところヨロシク。

マジェルカの年末年始の営業のお知らせです。
年内は12/30まで営業
年始は1/2から営業
(通常は19:00までですが
12/30・1/2は17:00閉店と致します)

お休みの機会に地方からおいで下さる方も多いので今年は少し頑張ります。
どしどしおいで下さいませ。

再告知です。
1/9(土)-1/10(日)にアーツ千代田3331で出店します。
販売や準備、片付けなどでお手伝いして下さる方を募集しています。
10:00〜20:00の間で何時間でも構いません。
設営や撤収だけでも手伝ってくれる方がいらっしゃれば歓迎です。
お問い合わせは info@majerca.com まで。

かわいいね!

先日は久々の完全1日オフに奥さんと紅葉の高尾山へと行ってきました。

高尾山はウチから近いのです。

さすが紅葉シーズンともあって駅からすでに沢山の人でした。

麓から急登を徒歩で登って途中の薬王院へ到着。

108段の石段を上がっても多すぎて消える事のない煩悩をかかえたまま
山門をくぐると、境内のあちこちには小さな行列が出来ています。
何かと思えば、「高尾山」と書かれた金のうちわを持って衆人環視の中
で恥じらいながらもポーズをキメて背後の天狗像たちと記念撮影が出来る
スペースや、それを回すことで、日々の生活でついてしまった様々な
けがれを落とすことが出来るという、まるで洗剤のような「六根清浄石車」、
石の輪っかをくぐって大きな錫杖をガランガランぶっ叩くことでストレス
発散と同時に願いも叶えられちゃうという、これまたど直球なネーミング
の「願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)」
持ち上げて元の場所に置くと試験に合格するという木彫りのタコ、その名も
「置くと合格(パス)」・・・
駄洒落を馬鹿にする人は既成概念にとらわれていて伸びるものも伸びないん
だぜ。と、かの風変わりな広告を打ってる「み◯ず学苑」さんも言ってます
からここは素直にこのタコを信じるべきでしょう。
他にも、お賽銭や宝くじのように元手を一切失わう事無く、ただお金を洗う
だけで金運がアップするというなんともお得なスポットや、たったの5円で
意中のあの人と結ばれるかもしれない虫の良いスポットなどなど。
それ以外にお土産屋さんや食べ物屋さんもあってそれぞれに人だかりが
できていたのでした。

俗っぽいなぁ〜などとも思いましたが「どこどこ詣で」てのがそれこそ昔は
大衆にとっては限られた娯楽の一つだったんだよなぁと実感。
むしろこの俗っぽさが本来なのかもなぁなどと思ったり。
ここ高尾山薬王院はそれを現代なりにかなり追求してこんな動きや音のある
アトラクションとして用意しているのではなかろうか。
そしてもしかしたら神社仏閣コーディネーターみたいな肩書きのヒトがいて
関わったりしているのかな、高尾山が人気あるのもなんか頷けるなぁ。。。
なんてどうでも良い事を考えた紅葉の高尾山なのでした。

さて直近のイベントになってしまいましたがご案内です。
ポスター のコピー.png
タイトルがいいですね!

トントンさんといえばマジェルカでも人気商品がこのキーホルダー

私のいたずら描きのようなデザインが忠実にそのまま商品化されたキーホルダー
なので愛着もあったりするのですが
こんなマジェルカの革製品を作ってくれているパートナー事業所の
「第2あとりえトントン」さんが展示販売会のために12/10(木)〜12/14(月)の
期間、マジェルカの地下ギャラリースペースに来て展示販売して下さいます。
“第2”じゃない「あとりえトントン」さんも参加して下さるので、普段のマジェルカ
には並ばないような商品もたくさん持ってきてくれるそう。
こちらはその一部。


ちなみに私がお気に入りで使い込んでいい感じになっているこのPCケースも3年位前に
あとりえトントンさんで作ってもらいました。
これも出るかな?


期間中の土曜、日曜には革のワークショップも開催してくれます。
ワークショップポスター のコピー.png

スタッフさんも常駐してくれるので直接革細工の事や色々お話も出来ますよ。
是非みなさん遊びに来て下さい!
JUGEMテーマ:雑貨shop



 

セクシーなニット展(⁈)



「ニット工房ライク」さんの期間限定コーナーが出来ました!
マジェルカガール達にライクさんのニットのアイテムを身につけてモデルになってもらいました。

言わずもがな嘘です。
ニット展はホント。
既に10/30から展示は始まっています。
一昨日閉店後に展示作業をして完成しています。

告知用のビジュアル、元々作る予定では無かったのですが私の悪い癖。
仕事の優先順位を無視して現実逃避し、ついこういう事やああいう事、やり始めてしまうのでした。

でもせっかく作ったし。
そして本題はそこではありません。
題といえばこの記事の「セクシーなニット展(⁈)」って全く展示内容とは関係ないです。
ただのつりです。
もしかしたらエロい人がつられて見てくれるかもと。

もしかしてあなた、そのくちですか?

改めて、「ニット工房ライク」さんは静岡にある施設さん。
その名前の通りニット製品作りを専門に(他に食品もやっていますが)製品作りをしているという
全国的にも(私が知る限り)珍しい施設さんです。

アレやコレをかじるのではなくニット作り専門に取り組んでいるのでさすがその物作りのクオリティ
と生産性は高く、あの雑貨通販のフェリシモさんのお仕事も何度も請けておられたりするところから
もその仕事の確かさはうかがえます。

静岡で開催されたあるセミナーに講師として関わらせて頂いたのをきっかけにマジェルカとその後の
お付き合いが始まりました。
母の日にはこちらのリクエストに応えてカーネーションを模した素敵なアクリルたわしを作ってくれ
ました。
(素敵なアクリルたわしってもんをついぞ見た事が無かった私のアクリルたわし観(?)が変わりました)

そして今回は売り場の一角で小さな企画展。
IMG_2655.jpg
撮り方も悪かったですがカラフルが溢れているマジェルカ店内にしては落ち着いた色合いです。

ニット製品って一言で言っても元気な感じと、その真逆な落ち着いた感じの商品が色々と混ざって
届いたのでどうしたもんかなと悩みましたが、一応左側はシックに、右側は賑やかな感じにスペース
を振り分けて出来るだけ違和感なく見えるようにしたつもり。
それに合わせて、これまでクーカさんの元気でカラフルなアート雑貨が溢れていた周りの空間も、
違和感が出ないように同じように素材感や作りがウリのアイテムとして帆布バッグなどを配置したり
して。
IMG_2668.jpg
昨年には人気ですぐ売り切れたアルパカのマフラーもあります。

今回それらに混ざって面白い物が届きました。
中段に並ぶボンボンがついたのがそう。
2WAYマフラーだそうです。
トルソーにかけてるように首にも巻けるし手前のように中に折り込めば帽子にもなるというスグレモノ。
ボンボンが大きくてモフモフで可愛い!

IMG_2665.jpg
賑やかコーナーにはマジェルカでも以前オレンジページさんに掲載してもらい大ヒットしてお馴染みに
なったお口ぱっくりのスマホカバーやリップケース。

壁に掛かってるつぐんだお口はUSBカバー。(私はSDカード派なので使いませんが・・・)

IMG_2661.jpg
ニットという事で花座布団もあります。

これ、似たモノを以前は別の施設さんから仕入れていましたが、ニットですからライクさんでも当然
作ってますよ、という事で。
色合いや作りが今までのモノとは違って落ち着いたナチュラルな感じになっています。

お花といえば今回オススメなのがこちらのブローチ。
IMG_2666.jpg
奥にある手編みのミニコサージュと、手編みを縮絨(しゅくじゅう=縮ませる事)させてフェルト状に
した生地で作った手前のブローチ。
ちなみにコーナー上部に下がっているガーランドもこの手作りフェルトで作ったモノです。

これらの花ブローチ、帽子やバッグにつけると中々よい感じ。
IMG_2667.jpg
それぞれ数が少なめですのでどうぞお早めに。
「ニットライク工房のニット雑貨展」11/8(日)までです。


IMG_1470.jpg
帆布バッグにピンクやイエローなど鮮やかな色合いが新たに加わりました。
webショップからもオーダー出来るように更新しました。


今日も商品のご紹介。

こちらのウッドフレームです。

長野県の松本市にある「パノラマ」さんで作ってもらっています。

元々はマジェルカに「こんなモノがあればいいなぁ」と企画した商品です。

コツさえつかめば作るのにそんなに難しくなく、少々ラフな仕上げでもそれが安っぽく、じゃなくむしろいい感じ
に見せられて、なおかつ大袈裟な設備もいらないなど、障害のある方のモノ作りには向いてるのではないのかなと
商品として企画しました。

以前マジェルカを訪れたパノラマさんが新たな仕事作りを模索されていたので投げかけたところ、TRYする気
まんまんだったので作ってもらうようになりました。

色々試行錯誤しながら、都度ご相談をしてもらいながら完成度は上がってきています。

今年の夏にはパノラマさんにも訪問してきました。

施設長さんがやたら元気よくてパワフルで笑えます(失礼)

ご担当のTさん、Kさんもホントに一生懸命で現場でも色々質問や相談攻めにあったので、写真をほとんど
撮っていなかったのに気づきましたがお役に立てましたでしょうか?

メンバーの皆さんが一つ一つ手作りしています。


だいぶ手慣れてきたのでただ今新たな製品バリエーションにも取り組んでもらっています。

webショップでも購入できます。コチラから。
 

(続)絵を描いてもらいました♪

前回ブログで、展示会の準備当日の様子をお伝えしたスタジオクーカのさやかさん、
その数日後の10/4(日)には本番のライブペインティングにマジェルカに再び参上。

と、着くなり一枚の紙を手渡してくれました。

!!??
IMG_2600.jpg
フジモトって私のことです。
ユザワヤ、確かに吉祥寺にあります。
フジモトの家に監禁されている情けないのが私。
目つきが悪くヒゲ痕が妙に青くて威張ってるのがどうやらニセフジモトらしい。
何故!?

摩訶不思議なりさやかワールド・・・
先日来てくれた後で書いてきてくれたんですって。

この日は日曜日でもあって店内はお客様で人がいっぱいです。
せっかく天気も良いので外で描いてたくさんの人に見てもらいましょう。
IMG_1438.jpg
この日はさやかママさんも来てくれて、知り合いの方も沢山来てくれました。

店に入る人も道行く人も皆さん興味深そうに眺めてくれます。
次から次と新しい人が絵の中に描き込まれていってさやかさん自ら時間を延長。
最終的にこんなににぎやかな絵になりました!
IMG_2601.jpg
こちらの絵はただいまマジェルカ店内に展示中です。

さやかさんはじめ皆さん本当にお疲れさまでした。

さて、肝心の作品展示をしている地下ギャラリーの様子をここで一部だけご紹介。

まずはこちらはすでにおなじみ横溝さやかさん。
IMG_2608.jpg
壁面にびっしり47枚並んでいます。
47といえば、そうなんです、これは47都道府県の観光案内(?)なのです。
一部クローズアップしてみましょうか。
IMG_2607.jpg
こんな感じが47枚!
これ本当に面白いので是非とも見に来て欲しい。
本にして出版したい。。。


そしてこちらは西村友理さん。
IMG_2605.jpg
とてもとても優しい感じの絵です。
ご両親と一緒にマジェルカに来てくれましたが、ご本人、ご両親ともにこの絵と同じく
これまたとても優しい感じなのでした。

絵だけではなく陶器作品もあります。
IMG_2609.jpg
室内中央の大きなテーブルに乗ってます!
寄ってみました。
IMG_2610.jpg
ひょうきんな顔の人形がビッシリといまにも動き出しそう。
作者は山田勇気さん、いい名前!

じっくり一つ一つよく見ると色んな人形が見つかって面白いです。
ハートを背負った天使見つけました!
IMG_2612.jpg

最後の4人目は栗田佳子さん
IMG_2606.jpg
キャンバスサイズにしておよそ40号くらいの大作です。
ケイコさんの絵は可愛いのです。

スタッフさんによるとケイコさん、今回はとても張り切ってシルバーウィークも返上で
描きあげたそう。

そんなケイコさん、こんなケイコさん。

今度の週末10/10の土曜日にマジェルカに来てくれて
「ケイコの似顔絵かきまる会」を開催してくれます。

ちなみにこの「似顔絵かきまる会」3年前にもマジェルカでやった事があって、その時に私も描いて
もらったのがこれ。

そう、こん時はハンチング帽かぶってました。

かわええ・・・

天気良くなるとイイな。

1階のクーカ特設コーナーも充実です!
IMG_2602.jpg

そうそう、今日お手紙が届いてました。

(勇気さん、字ちっちゃ!)
「吉祥寺COOCA MUSEUM 4人展」10/12(月)まで‼︎


ハロウィンコーナー、ちょっぴり作ってみました。
IMG_2598.jpg
特にハロウィンではないのですが、なんだか右側で馴染んでるポーチは新商品。

こちら。
IMG_2599.jpg
ipadも入る大きさで、内側にクッションも入ってます。
近日中にウェブショップでも販売予定です。

他にも色々書きたい事あるんですが今日はここまで。

日に日に涼しくなってきましたが皆様お体お大事に〜。

絵を描いてもらいました♪

前回ご案内したスタジオ クーカの「吉祥寺COOCA MUSEUM 4人展」
今日はその準備にクーカスタッフ+αの面々が茅ヶ崎からはるばる吉祥寺まで
来て下さいました。

+αとはクーカメンバーのさやかさん。
今回展示の作家4人の中のお一人です。

今日は準備なのに一緒に行きたいといってついて来てくれたそうです。。。
前日クーカのスタッフさんからその件は聞いていて、スタッフさんが地下ギャラリー
で展示準備をしている間、1Fのショップで一足早くライブペインティングを披露して
もらいましょうという事になりました。

到着して車からたくさんの荷物を降ろすクーカの皆様を横目に着くなりマジェルカ
店内に飛び込んで来て、目の前に並ぶ色々な物を興味深そうに見ているさやかさん。

すると

「手伝いに来たんでしょ!? 荷物降ろすの手伝って!」
とスタッフさんに軽く叱られちゃったりして、「はーい」なんていそいそと戻って
働くさやかさんなのでした(笑)

そうこうするうちにすぐにお昼の時間に。

その間も地下ではスタッフの皆さんが荷物を手際よく広げて準備中。

そんな中、自分で隣のコンビニから買ってきたお昼ご飯を周りで作業している皆様を
横目に(というより横目にも入れていないのか?)ど真ん中のスペースに陣取って
美味しそうに食べるさやかさんなのです。

さて、お昼ご飯も終わって1Fに。

店内をウロウロしているさやかさんに「絵描かないの?」とワタシ。

すると、「一時になったら描くよ。」とさやかさん。

すみませんでした!
そりゃそーですよね‼︎
良いお仕事をする為にもお昼休みはしっかり取らないとですよね。
仕事人としてのメリハリをしっかりとつけているそんなさやかさんなのでした。

さて、やっと描き始めたさやかさん。


と、見る見るうちに真っ白い紙の上に可愛らしいキャラクターが生まれていきます。

さやかさん、実は紙芝居作家なのです。

その紙芝居に出てくるオリジナルキャラクターの「ピヨンジュ」(左)と「オレ3世」(中央)そして
ご本人であるさやかさん自身(右)からまずは描き始めました。

さやかさんは今回決してただ来たけどやる事無いから絵を描いているわけでは絵を描きに来たわけ
ではありませんから!

ちゃんと店に来たお客様にチラシを配り、明日からの展示イベントの案内をしてくれております。

急に声をかけられて怪訝な顔をしてチラシを断られたり、相手が日本語通じなくたって決してひる
まずめげません。

チラシ配って展示会の案内するだけではなく、さやかさん、得意の絵を使ってコミュニケーション
を図ります。

そう、さやかさんは目の前にいる相手をこの絵の中の仲間に描き込んでくれるのです。
さやかさんに声を掛けられ描いてもらった方々皆さんとても喜び楽しんでくれました。
どんどん絵の中の仲間が増えていきます。
今日は雨でお客様が少なかったのですが、それでもたくさん描いてくれたし描かせてくれました。
IMG_1429.jpg
気付いたらきちんとマジェルカを描いてくれていたのは嬉しかった♪
その前にいるのが私と今日いたスタッフだそう。

少し客足が途絶えて手持ち無沙汰になったさやかさんがおもむろに

「「ネネ」と「ユズ」かいてあげよっか?」

マジェルカのバックヤードの壁には私の愛猫の写真が貼ってあるのですが、それに興味を持って
くれたさやかさん。
嬉しい申し出に壁からはがした写真をキャンバス横に持ってきて描いてもらいました。
IMG_1428.jpg
ユズ(奥)とネネ(手前)、この2匹のニャンコが一つ上の画像に描き込まれているのですが
わかりますか?

さて、地下のギャラリーの様子はどうでしょう。
IMG_2594.JPG
なかなか迫力ある展示が仕上がりつつあって楽しみです!

さやかさん、クーカのみなさん、1日大変お疲れさまでした。

1Fのショップ内にはクーカコーナーも作りました。
IMG_1426.jpg
クーカグッズが総動員です。

さやかさんが今日描いてくれた作品、ライブペイントの続きは10/4(日)に。
是非自分もさやかワールドに触れてみたい、さやかワールドの住人になってみたいって方は
この機会を見逃さずに!



IMG_1425.jpg
吉祥寺マジェルカで明日から‼︎
 

「吉祥寺COOCA MUSEUM 四人展」とかとか

マジェルカが西荻窪にあった頃には紙芝居や企画展などで、また、渋谷ヒカリエ出店の際なども
ライブペインティングなどで何かとお世話になっていた「studio COOCA(スタジオ クーカ)」さん
いまやあちこち大活躍で大人気です。

そんなクーカさん、吉祥寺に引っ越してきてからのマジェルカでは初の展示会の開催が実現!


(以下studio COOCA フェイスブックページからそのまま引用)
「吉祥寺 COOCA MUSEUM 四人展」と題して!
COOCAベテランメンバー4人の合同展を開催いたします!
会場はお久しぶり、吉祥寺と言えば・・・マジェルカさんです!
会期:2015.10.2 (金)〜12 (月)
★10/4日(日)にはSAYAKAのライブペイント
(さやかが絵の中にあなたを登場させちゃいます!)
★10/10(土)にはKEIKOの似顔絵かきまる会を開催いたします!
(グッズのお買い上げ¥2000以上で似顔絵をプレゼントします!)
★10/12・・・作家何名かが在廊します!

それでは会場で皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!


マジェルカ地下のギャラリースペースで作品展示しつつ、1階ショップにはクーカコーナーを
がっつり作って普段のマジェルカでは並んでいないモノも含めてクーカグッズが色々登場する
予定です。
クーカさんのファンもクーカさんをまだ知らなかった人もこの機会に是非おいでください!

もひとつお知らせ。
明後日の9/29(月)のイベントと直前のご紹介にはなってしまいましたが、
ガラスに描けるクレヨンとして近所のお洒落雑貨屋さんでもウインドーディスプレイに活躍して
いる、もうマジェルカでもおなじみの日本理化学工業さんの「キットパス」
この「キットパス」を使ったワークショップのご案内。
アメリカ在住のスタンプアーティストこちょうかずこさんによる
「スタンプ・ステンシルとキットパス」コラボワークショップを開催です。

(画像はイメージです)

もしかしたらご参加にまだ潜りこめるかもしれませんのでご興味ある方はこちらに直接
お問い合わせしてみて下さいな。

マジェルカの地下室使ってなんかしてみたい方はご相談ください。

さて、この時期は福祉施設さんもバザーをはじめ各地で販売イベントが多い時期のようです。
そんな中で、マジェルカとお取引のある福祉施設さんから最近頂く声に多いのが、そんな販売機会に
来られたお客様から「これマジェルカで見た事あります!」とか「マジェルカで見て知ってます。」
という声をかけて頂く事がありますというもの。
それも都内に限らず地方でもあったりするのでちょっと驚きです。
実際に先日のシルバーウィークも全国からたくさんの方がご来店下さいました。

そんなマジェルカ店内、なかなかご紹介が出来てませんでしたが日々新しいモノ増えております。
IMG_1404.jpg

IMG_2580.jpg

IMG_1249.jpg

IMG_1311.jpg

IMG_2581.jpg

IMG_2584.jpg

IMG_2582.jpg

入り口入って正面も秋らしく「ひょうたんカフェ」さんの手織り製品を中心にコーディネート中。
IMG_2585.jpg
ほかでも秋らしい装いを意識したりして。。。
IMG_2579.jpg
これら新商品含め、webショップの更新に手が回らずに申し訳ないのデス・・・

ただいまtwitterが一番タイムリーなマジェルカの情報発信ツールとなっていて、これら商品の
入荷情報などもその都度つぶやいていたりもします。
中にはどうでもいい下らない内容もあったりしますが、もしよろしければフォローして下さい
ませ。https://twitter.com/majerca
 

コバヤシカオルさん

連日のPRで恐縮ですが、今日もマジェルカ地下で開催中の「モンスターの絵・展」のコト。

あんなイラストを描く作者のカオルさんのご紹介をしていなかったよなと。

という事で展示スペースに貼られているカオルさんの紹介分をカメラで撮ったものそのまんま。


一緒に貼ってあった白黒コピーをカメラで写した画像なので粗くはありますが写真もどうぞ。




今日は閉店間際にマジェルカに来られたお客様、なんとカオルさんの「カウボーイTシャツ」
着てくれているではないですか!
(ちなみに現在絶賛出店中のジェイアール京都伊勢丹の売り場ではこのTシャツが人気です。)
聞くと群馬からわざわざ来て下さったそう。
いや、これはカオルさんのモンスター展、絶対に見て欲しいと階下をご案内したのですが
丁度19時過ぎてかうんと5さんのスタッフさんがギャラリーを閉めて上がって来たのと入れ違いに
なってしまいました。
「アレ?アレ?」という間にそのお客様が見えなくなってしまいました。
「いや、また開けるから見てもらっていいんですよっていうか見てってほしい!」
引き止めようと二人で探したのですが結局見当たらず・・・

もしこれを見られていたら、申し訳ありませんでした。
貴女には見て頂きたかったです。

一部で月曜日までとご案内してしまいましたが8/8の日曜日まで。
泣いても笑ってもあと3日!
見逃すな!

 

モンスター

いつでも誰にでも足を運んでもらえるショップを構えていると、お買い物に
来てくださるお客様の他にもウインドーショッピング、はたまた福祉業界っぽい
方やその周辺の方などによるリサーチ目的などなど、その他でも様々な方が
様々な目的でおいでになってくださいます。

そんな様々なお客様の中でちょくちょく頂くようになったのが結婚パーティーでの
プレゼントにマジェルカの商品をというご注文。

過去にもお菓子であったり、手織りのポーチをはじめとした雑貨類をショップで
直接ご自分たちの目で選んで。

そしてつい先週にも。

それまでもちょくちょくマジェルカを気に入って下さってご来店してくれていた
H様が、結婚パーティーで配るプレゼントにと「うらやすガラス幸房」さんの
ガラスの一輪挿しを大量にご注文してくださいました。

ひとつひとつラッピングしてお届けするとfacebookのメッセージで丁寧にお礼と
なんと当日は時間あればパーティーにも参加して下さいとまで!

会場はマジェルカのそばにあるタイレストランの「アムリタ食堂」さんとの事。
吉祥寺のガイドブックには必ず載る地元でも人気のレストランです。

その日は店にスタッフもいるしパーティーに顔出させてもらってビールと美味しい
料理を、なんて思っていたのですが、当日になるとさすがにそうはいかず。。。
なんとか合間をぬってお祝いにだけでもとお邪魔してきました。
IMG_1266.jpg
外にも人が溢れて熱気がムンムンのアムリタ食堂さん。
H様ご夫妻がちょうどステージに。
その頭上にはなんとOIDEYOハウスさんの「雷フラッグ」が!

アムリタ食堂の店長さんがH様のパーティーを少しでも良いパーティーにしたいと
マジェルカを気に入ってくれているようだから会場を何かマジェルカのモノでという
事でわざわざ飾って下さいました。

そっと、主役のH様奥様にお祝いとお礼を伝えると、これまたなんとわざわざワタシたち
向けにもお土産を用意して下さっていてビックリ!

改めて、H様おめでとうございます!

そして、以前にも書いたり話したりしている事。
今回の「うらやすガラス幸房」さんもそうですが実際に制作現場に行ったり、ふだん交流
していて思っているのは、商品を作って売るというお仕事としての大変さ、それは当然に
それぞれあるとは思うのですが、モノ作りの場面だけでみれば、そこに関わる作り手さん
が純粋に楽しみながら作られているモノがウチで扱っているようなモノたちなのかなぁと。
また、福祉施設って事で一般的な経済原理の外に置かれてたりする部分もあるおかげで
(良くも悪くもですが)無理を強いられないって事はやっぱりあって、これは、どこかの
お国のように不幸で不当な環境で作られたモノなんかとは、そこはいい意味で違うよなぁと。

“苦しみの中で作られたモノ”と“楽しみながら作られたモノ”というと大げさでしょうか?

H様のように人生の中での幸せなシーンの脇役に、そんな目に見えないところの意味を
見出してマジェルカに並んでいるようなモノを選んで下さる方って素敵だなぁと思ったりも
するのです。

ホントは、障害を抱えた彼らが幸せな中で、だとか楽しみながら、なんて事を自分の立場で
軽々しく言ってしまう事への危うさも少し意識しながらも。。。


さて、改めて前述の「アムリタ食堂」さんも関わってくださる展示が明日から始まります!

NPO法人かうんと5presents
『コバヤシカオル モンスターの絵・展』


個人的には企画段階で出ていた
『まったく怖くないモンスター展』というタイトルの方が好きだったりしますが・・・

モンスター(monster)というのはラテン語のmonstriumという「忠告」や「警告」
を意味する単語が語源になっており、そこから転じて「神が人間に与えた警告」の意味から
「人間に脅威を与える存在」に対して使われるようになったそう。
なんかすごいね。

一般的には「化け物」や「怪物」を指す言葉として使われている「モンスター」
他にも「相手に脅威や大きな影響力を与える存在」という意味合いも持つ事で
近頃はモンスターペアレントやモンスターチルドレンなんて使われ方も随分とされるように
なってしまったけれどそんなのに使われるのはなんか嫌。
そんな連中にモンスターの称号を付けるのはモンスターに失礼ってもんだ。
怖いだけでなくてちょっぴり切ないストーリーもはらんでいたり、夢や想像を掻き立てたり
ちょっぴりロマンチックなのが「モンスター」であってほしいって感じ。

今回はそんな無敵で素敵なモンスターが全盛期だった時代の映画のシーンをカオルさん
テイストに味付け、というか味わい自体が完全に変わってしまっているイラストを、マジェルカの
ギャラリーとアムリタ食堂さんの2会場で一挙公開!

今日はかうんと5の石平(いしだいら)さんという、PCで漢字変換するといつも石田衣良に
なって困ってしまう方が何故か奥様と準備にいらして下さいました。
IMG_1285.jpg
モンスターのオンパレード!

展示もなんかかっこいいぞ。
IMG_1284.jpg

一生懸命展示の作業をしているところへ油を売りにいってみました。

「石平さん、これは元々なんのシーンなんでしょね?」
「キャリーです」
「へぇ〜、じゃあこれはエクソシストですかね?」
「う〜ん、本人にきかないと分からないですね。」(邪魔だから早くどっか行ってくれないかな)

↓「あれ?これモンスター関係なくないっすか?空港でのアイドル追っかけかなんかですよね?」
IMG_1286.jpg
石田衣良氏いわく
「これはゾンビが集団で襲いかかって家の外に群がってきたシーンです。」

むむ、怪味ソースもビックリ恐るべしカオル氏の味付け・・・

こんな「このシーンいったいなんのシーン⁇」的な解き明かしもこの展示を楽しむ要素。
元ネタになった実際の映画シーンの本なんかも持ってきて展示してくれるそうだからこれは
レッツトライですね!

きちんと怖いのもあり〼。(閲覧注意!)
IMG_1287.jpg
ヤバいコワイ・・・
怖くて一人で地下に降りられなくなっちゃいました。。。

ちなみにこのTシャツもカオル氏のイラストです。
会場でも販売します。

『コバヤシカオル モンスターの絵・展』
8/3(月)〜8/9(日)※火曜日休み


1Fでは「ガラス展」開催中!
 

明日からジェイアール京都伊勢丹出店です。

京都では祇園祭りの最中です。
そんな京都の駅前の「ジェイアール京都伊勢丹」さんでの出店が
明日からいよいよ始まります。

期間は7/29(水)〜8/11(火)
場所は5階の「解放区」


中央エスカレータのすぐ横です。

先日、吉祥寺のマジェルカから送った大量の荷物を、伊勢丹の皆さんで今日
遅くまでかけて展示&飾り付けして下さいました。

なぜ他人事のような口ぶりかというと、今回はマジェルカスタッフは設営には
お邪魔できてなくて伊勢丹さんにお任せっきりなのです・・・


先ほど「カラフルで楽しいお買い場ができました。」とメールを頂きました。
百貨店さんは、売る側から「売り場」でなくお客様の立場から「お買い場」と呼びます)
「明日からみんなで頑張って販売します。」とも。

本当にありがとうございます。
そしてどうぞよろしくお願い致します。
(最終日には参りますので〜)

さて、今回は昨年と同じマジェルカでもお馴染みの人気のアイテムはもちろん、
初めましての、しかも中には吉祥寺に先駆けてこの京都伊勢丹でみなさまに初めまして
になるモノも結構あったりします。

慌ただしい出荷準備の中で写真を撮りきれなかったモノもありますが、出品する
商品の一部をご紹介しますね。

IMG_3465.jpgIMG_1267.jpgIMG_1249.jpgIMG_1242.jpgIMG_1259.jpgIMG_1127.jpgIMG_0967.jpgIMG_1257.jpg
もちろんこの他にもたくさん色々です!

関西方面の方、またこの期間中に京都に寄られる方があれば是非ともお立ち寄り下さいませ。


さて、翻って関東方面の方、または東京方面に立ち寄られる方へは吉祥寺の「マジェルカ」
での展示ご案内です。

7/31(金)から「ガラス展」を開催。
ガラス展2015blog.jpg
期間は7/31(金)〜8/16(日)

「木馬工房」さん(東京)のトンボ玉やフュージングガラスのアクセサリーなど
「うらやすガラス幸房」さん(岡山)の吹きガラスの花瓶や食器、手作りガラスビーズのインテリアなど
「工房集」さん(埼玉)のステンドグラスのインテリア色々
それらガラス製品を集めたコーナーが売り場内に出現します。

全てが間違いなく一点モノ。
目にも涼しげな企画展にどうぞおいで下さい。

 

今週末は是非に!

以前に開いた相談会なるモノに参加して頂いて以来ご縁が出来た「TETENTOTEN」さん。

マジェルカから、「OIDEYOハウス」さんとマジェルカで作った“雷フラッグ”
「かうんと5」さんの“マスクマングッズ”、「SWING」さんの“手ぬぐい”などを仕入れて
それらと一緒にご自分たちでデザインしたTシャツや、他からセレクトした雑貨と一緒に
色んな場所で販売してくれております。

instagramでも紹介して下さっていますが雷フラッグがなんかカッコいい感じに!

ありがとうございます。

明日金曜からの3日間、代官山の「sodaCCoマルシェ」で出店するそう。

なんだか楽しそうですよ!

そしてこの週末の情報もういっちょ!

マジェルカが吉祥寺に引っ越す前に店を開いていた西荻窪。
その西荻窪でよくしてもらっていたご近所の「ギャラリーカドッコ」さん。
オーナーの原田さん自体がデザインした素敵な手ぬぐいを最近あちこち目にする事も増えて
大活躍のご様子なのですが、そんなカドッコさんで明後日7/25(土)から開催するのが
「ポケットに手ぬぐいを2015」

2015って事は去年も開催されたのですが、今年は「SWING」さんの“手ぬぐい”がお眼鏡にかなって
マジェルカも参加させてもらう事に。



なんと‼︎
気に入った手ぬぐいをバッグに仕立ててもくれるそう。

西荻窪はマジェルカのある吉祥寺からはたったの一駅。
手ぬぐいで汗を拭き拭き西荻窪⇄吉祥寺散策などいかが?

さてさて、昨日までの「Tシャツ展」もとい「はんそで展」が終わっての片付けもさる事ながら
来週の7/29(水)〜8/11(火)「ジェイアール京都伊勢丹」での出店のための商品があちこちの施設さん
から続々と届き、片っぱしから検品!値付け!梱包!そしてひとまず本日出荷!

実は結構今回マジェルカでも初めましての商品が多いのでお楽しみに。。。

お近くの方は是非のぞいてみて下さいな。

・・・実は7/11の読売新聞の関西版でマジェルカと今回のジェイアール京都伊勢丹での
出店が紹介されていたりしたんですよ。
 

<< | 2/11PAGES | >>

マジェルカオンラインショップ

ネットショップはこちら

カレンダー



最近の記事

カテゴリ

過去の記事



QRコード

qrcode



リンクについて
当ブログおよびマジェルカホームページはリンクフリーです。
リンクの際にはこちらのバナーをご使用ください。

↓Sサイズ(100×57)
majerca

Mサイズ(170×90) はこちら
Lサイズ(280×150) はこちら

またリンクしていただいた場合、こちらにご一報ください。