全国の福祉施設で作られている手仕事品のセレクトショップ

ライバル出現⁈

0
    先週の事ですが、用事があって東京都庁に行ってきました。

    舛添知事への政治資金の私的流用問題の追求など、その目的はいくつかあったの
    ですが、残念ながら今回はそんなに時間がなかったのでその辺りの事は他の人に
    任せて、ひとまず私は東京都の福祉保健局へ。

    福祉保健局への用事はいくつかありまして、その一つは今年の春先に
    丸井錦糸町店、ららぽーと立川立飛店、そして東京都庁で「ユニークプラス」
    と銘打って販売イベントを展開していた“自主製品魅力発信プロジェクト”に
    関する情報収集。

    そこに参加したり、打診されたりした、都内の福祉事業所の方々にはすでに
    お馴染みでしょうが「ユニークプラス」のHPがこちら

    福祉事業所が作る魅力ある自主製品の情報を常に探し、良いモノがあれば
    仕入れるバイヤーの立場としてはこういう情報は欲しいし、うまくいけば
    取引するお互いのメリットになる可能性があると思うのですが、主催側から
    マジェルカにその魅力が“発信”される事は特段ありませんでした。

    でもお付き合いのあるいくつかの事業所さんから耳にし、知る事は出来て
    いたので、是非どこかのタイミングで覗きに行きたいと思いつつも、残念ながら
    その時間が取れないままにその開催期間が終わってしまいました。

    では、この魅力発信プロジェクトの今後の予定は?
    とそこのホームページを見てもこのイベント以降の事は触れられていない。
    しかし最後に「当プロジェクトへのお問い合わせ先」と親切に書いてある
    ので「色々気になる事をきいてみよっかなー」
    という事でご連絡。

    わざわざ担当の職員さんが時間をとってくれました。

    まずはこの「魅力発信プロジェクト」とまでいうからには今まであちこちで
    やってたような、ただ期間限定の販売イベントやって終了って事はないんでしょ?
    と今後の展開予定をうかがってみました。

    するとなんと!
    23区内に2つ、多摩地域に1つと都内に一挙に3店舗もの常設ショップを
    オープンさせるという予定!

    しかもさらにビックリ‼︎
    そのOPENは今年中の予定だということ!

    自分のアンテナの低さにちょっぴり反省・・・

    この春先の販売イベントは、最終的にこの常設ショップを開店するにあたっての
    リサーチの意味合いだったとの事。
    恐らく、事業所側のプロジェクトに対する温度感や、実際に参加したり動きを
    とった事業所の対応力やその商品のクオリティ、そして当然市場の反応、
    といった事だと思います。

    さて、そこで気になるのは一体どんなショップなの?という事。

    都内限定ではなく全国対応ですがウチも自主製品専門のショップを営んでる手前、
    しかも同じ商圏内にできる(マジェルカのある多摩地域にも作るって言ってるし)
    のがどんなショップなのかは当然ながらとってもとっても気になるところ。

    それぞれお互いの立場と役割り、棲み分けしながらやっていきたいところですよねー♪
    と思いつつうかがってみました。

    してその答えは

    ・食品ではなく雑貨専門のショップ

    ・商品はセレクトをかけて一定以上のクオリティのものだけを扱う

    ・「障害者が〜」というのを前面に出さない従来の福祉ショップとは一線を画すショップ

    ・一般客の集客を重視してそれなりのロケーションへの出店

    ・売り場から作り手の福祉現場に情報をフィードバックしていく

    などなど


    ふむふむ、いーじゃないですか。

    ん!?

    「あの・・・そういうショップ、私知ってます!」

    「えーと、確かマジョルカだかマジカルだかいう名前の店だった気がします・・・」

    ちょっぴりモヤモヤしますがひとまず他にも質問を。

    随分以前から工賃倍増だとか工賃向上だとか数十年?十数年?言い続けてあれこれ
    やってきた中で、今になってやっとこういう場を行政主導で作ることに踏み切った
    のは何故?てなことを伺ってみると、

    福祉施設にアンケートを取ってみると、「工賃を上げたくても売る場所や機会が無い」
    という声がとっても多いからだそう。

    ところで、ここでひとつ言っておくと、マジェルカには、自分たちの施設や団体で
    作っているモノを置いて欲しいという旨のご連絡やご相談を日々全国から頂きます。
    実際、昨日も今日もそういう電話や来訪がありました。
    様々な地方から来るそういったアプローチに対して、近場である都内の事業所
    さんからそのようなアプローチを積極的に頂く事って、全く無い訳ではないですが
    比較的少ないですよ。。。

    今日は都内から「マジェルカで私たちの作ってるモノ置いてもらうにはどうすれば
    いいんですか?」って方が。
    が、その方は職員さんではなく、福祉作業所に通っているという利用者さん本人。
    その方と直接取引は出来ないので、「担当職員さんから連絡を・・・」とお伝えしました。
    彼女、帰りにマスクマンクリアファイルを買って行ってくれました。
    (よっぽど社会性あるなーと思ってしまいました・・・)

    でも東京界隈の施設職員さんはあまり来ません。。。

    マジェルカって東京界隈の福祉業界ではまだまだ認知されてないのかもしれません。

    福祉業界(どっからどこまでがこの業界なのかは言っていてよくわかりませんが)
    の中で、「売る」部分にフォーカスした活動に関わってきた私が感じているのは、
    法律で「そうしなさいよ」と決められているからだけでなく、利用者さんの収入
    アップとかそれ以外でも、なにかしら達成したい事や目的があり、そのための手段
    として「モノを作って売る」方法を選んでいるはずだと思うのですが、多くの方は
    その手段のうちのあくまで一部のプロセスでしかない「作る」って事への
    モチベーションは高いのに対し、結果を生み出すには重要なもう一部のプロセスの
    「売る」という事に対してのモチベーションが比べて低いなという事。

    欠けていれば身につければ良い常識や知識、技術の話ではなくその前提となる
    モチベーションの話です。

    実際に障害者施設の内でも外でも「障害者と一緒に作る」に関わる方や関わり
    たい〜という人はどんどん増えているのに比べて「売る」に関わったり、そこを
    重視して実行する人ってのは、全く無いわけじゃないですが、比較してなかなか
    増えない感じ。
    どんどん作り出しはするけれどその出口は用意しないというアンバランス。

    根拠はありません、若干バイアスかかってるかもしれませんが、マジェルカで日々
    接したり見たりする様々な方々や事柄から感じている事。

    マジェルカにあまり都内事業所さんが来ないというのも一部はそこに起因しているの
    かななどと考えておりますが。

    さて、さっきの「なぜ今ショップを?」という質問に対して、
    「売る場所無いので工賃上げられないっていうから作ります。」
    という答えとは別に、もひとつここまでハッキリ言った訳ではなく、私なりの訳ですが
    (かなり私の解釈入ってます)
    「今まで販路に関しては主に市区町村や事業所に任せてきて、それぞれが福祉バザーとか
    福祉ショップ的な事や、その他各種セミナー的なアレコレを、やったりやらなかったり
    してきました。
    しかし全然結果を出さないもんだから、ここはいっちょ都として気合入れてガッツリ
    関わって結果を出そうという事です!」
    みたいな。

    その点で今回の東京都の計画は、いよいよ福祉業界(at東京)もいよいよ売るって事を
    本気で考えるようになったか、という感覚。

    ここまでやられるとさすがに都内の雑貨作る事業所さんたちも「売るとこが無い」
    って言い訳が通用しなくなってしまいますね!

    とはいえ、今回の件、いーじゃないの!ガンガンいきましょう!という反面でモヤモヤ
    している部分があります。

    それはマジェルカの(私の)考え方としてはっきりしていますが。
    「マジェルカは全国の障害者の方々が作る製品の中から魅力的な商品を・・・セレクト
    ショップ
    です。」と謳っているように障害のある方全てに機会を提供しているわけでは
    ないし、そのつもりもありません、あくまでも選別しています。

    要はイイとこ取りしてるしイイとこだけ見せてます。

    そして、福祉業界にとって、こんなマジェルカの様なショップがあってもいいのですが、
    (これは自分でいうのもなんですがあるべきだと考えています)
    こんな売り場ばかりになってしまう事、そしてマジェルカで扱われるような商品ばかり
    になってしまう事はむしろ異常な事で問題、あってはならない事だとまで考えています。

    まず、私の中では福祉施設で作られる商品に対して区分けがあります。
    個々のモノやコト単位でも異なってきますし、相手によってもその評価は変わってきます
    から、必ずしも常に明確に分けられるものではありませんがひとまず

    ,垢任亡粟度が高いものづくりや活動が出来ていて手出しも口出しも必要ないか出来ない

    ▲譽戰襪蝋發い、さらに高みを目指せる余地があり、それに対しての自覚と欲求もある

    実は結構なポテンシャルをはらんではいるがその自覚が余りない

    じ充妥な面から限界値が見えているがその中で少しでも良い効果を生み出したい

    イ修發修發修海紡个靴堂善する気なんてない

    イ詫用者さんのその後の行き場を見つけてあげた上でさっさと廃業して下さい、という
    感じですが、この数字の順番は上に行くほど良く、下にいくほど悪いという単純なものでは
    ありませんし、常に変動するもの。

    はあまり目に付きにくいのでこういうのはバイヤー的には見つけて一番嬉しいタイプ。

    い鉢イ選別するマジェルカでは扱う事が出来ない相手となるのですが、イ鰐技襪箸靴
    い亡悗靴討魯泪献Д襯で扱うレベルでないからといって価値が無いとはいえません。
    あくまでもマジェルカが設定している価値にそぐわないだけであって別の価値をもっている
    はず。

    そういう価値が、マジェルカみたいな売り場だらけになった時に、受け皿なく切り捨て
    られてしまうのは問題だと考えます。

    しかもその価値の先には例外なく生身の人間が存在しているわけですから。

    余談になりますが、障害者の商品の取引をウェルフェアトレードといって、ウチでも使わせ
    てもらっていますが、海外の労働者を慮ったフェアトレードが社会に浸透したのに比べ、
    より身近な国内の障害者のウェルフェアトレードが同じように浸透するハードルは高い
    のでは、と考えています。
    何故なら、遠い海外で不当な労働環境に従事している子供たちの問題に比べ、国内の障害者
    の話になると、その対象である障害当事者や、そしてその支援活動に携わっている人たちって
    のはそこそこ近い存在にあって生々しい、言い換えるとリアルだから。
    オサレなブランドの商品を買って
    「このお買い物がきっと海を渡った遠い空の下の彼らの役に立ってるのね。」と
    ホワホワーンとイメージするだけで済ましちゃいけない感じがあるから。
    そんな軽々しくやっちゃいけないんじゃないか、やるならいかにも〜な感じでやった方が
    いいんじゃないかみたいな。
    なんて事を考えたりしてます。
    考えすぎでしょうかね。

    話を戻して

    マジェルカの役割ではフォローが出来ない、上でいうい澆燭い覆箸海蹐亡悗靴董
    こういう所こそ公共のサービスで積極的にフォローしていくべきだと考えています。

    だけど実際はイ里茲Δ覆笋覽い里覆そ蠅泙任鬟侫ローする事になってしまい、
    結果、他の改善を望んでいる人たちの成長どころか足を引っ張ったり、無駄を生み出す
    ことになっているのがこれまでの多くの福祉ショップの課題ではないかと。
    セレクト自体はあってしかるべきですが、い里茲Δ福峇萃イ辰討い襪韻譴匹海海泙
    しか出来ない」というような所の受け皿としては公共サービスが積極的に機能してほしい
    と考えています。
    マジェルカではどんなに頑張っていても商品としてのクオリティが低いモノは扱えません
    から、そこは違う役割を発揮して欲しい所なんです。

    その点では今回の都のショップの、セレクトしていくという方針に対しては
    「ウチがやってんだからそこはいーじゃんか」という少々納得いかないものを感じ、
    そんな事もぶつけてはきたのですが、すでに規定事項として進んでいる計画。
    今これからどうこうなるわけでもなく、また、実際に始まってみないとわからないと
    いう様子でもあったのと、「ライバル出現!」なんていって噛み付いたり張り合っても
    圧倒的な資源をバックにした東京都の事業にマジェルカが太刀打ちなどが出来るわけが
    そもそもない。

    むしろ共存共栄していくべく、まだまだ発展途上な福祉施設の商品の市場を一緒に
    盛り上げていくというのが建設的かと。
    って事で、「それぞれの活動は活動として、全国のそういう類のショップの連携や
    情報交換の機会なんかを作りましょうよ!」とご提案。

    今期中に3店舗オープンという課題に若干頭を抱えてしまっている時でもあるせいか、
    「いいですね」というお返事にちょっぴり元気が無かったですが、ちょっとそんな関わり
    方も面白いよななんて思って今後注視していこうと思います。

    長々と書いてしまいましたが最後に前回ご案内した内容を再度。

    「マジェルカオーナーが色々なご質問やご相談にお答えします」的なコレ
    すぐに数名の方から参加お申し込みを頂きました。
    マジェルカの地下ギャラリースペースでテーブル囲んでこじんまり、というイメージ
    ですがまだ少し淋しい感じ、なので是非まだご参加下さい。
    私もこの機会にじっくり新しい色んな方とお話し、情報交換してみたいと思っています。

    じゃあ参加してみよっかなって方は info@majerca.comまで!

    今回もめんどくさそうな人っぽいブログを書いてしまいました・・・

     

    お答えしちゃいます!

    0
      一昨日の午前中、マジェルカと同じ武蔵野市内で障害者施設を運営している
      特定非営利活動法人ミューさんにお邪魔して来ました。
      以前に先方からちょっとした相談事を受ける機会があって繋がりが出来た
      のですが、今回は「マジェルカのショップで商品を」というようなお話では
      なく、こちらが施設長さんに色々とうかがってみたい事があってお邪魔して
      きました。

      色々話す中で、どうやら武蔵野市内には障害のある方を受け入れる福祉施設、
      団体が他の地域に比べると少ないということです。
      結果としてこの地域で障害を抱え生活している方々が選べるサービスの選択肢
      が限られてしまっているという実状が。
      とはいえ、西に一歩またげば三鷹市、東に向かってちょろっとチャリンコを
      漕げば杉並区という地域なので、武蔵野市内だけで狭く考える必要も無いの
      かもしれませんがそういう社会資源が少ない地域ではあるようで。。。

      今回の訪問目的ではありませんでしたがなんか気になるモノが転がっていて
      見ると猫の小さめのクッションでした。

      メンバーさんが顔描いたそうですが、猫には人一倍執着があるワタシが見ても
      文句無しにカワイイ‼︎
      まだ試作だそうで商品になるのは少し先になりそうですが、時間をとってくれた
      お礼のつもりでアドバイスを、と余計なお世話でその猫のクッションに対して
      「こーしたらいいんじゃないですか」「あーしたらもっといいんじゃ」などと。

      そうこうして店に戻るとスタッフTさんが「何度か来てるけれどいつもタイミング
      合わずオーナーさんに会えないってお客様がいらしてましたよ〜」と。

      あらら!
      私、たいてい週の半分以上は店にいるのですけれどね。
      とはいえスタッフがいる時は店頭は任せっきりにして、たいていバックヤードに
      こもって仕事してますしね。
      でも、スタッフがおらず一人の時の方が今はむしろ多いので、その時にはもちろん
      店頭のカウンターにちんまり座ってはいるのですがね。

      以前にも書いてますが、福祉作業所の職員さんや、彼らと何かやってる系ややりたい系
      の方々などに主に、何かを知りたいという目的でマジェルカに来られたりする方が
      多くあります。
      その中には(ショップ側としては本意ではありませんが)ただご自分たちにとっての
      情報収集に利用するだけの目的で来て、それさえ終わればそそくさ帰られる方も
      いれば、もちろんマジェルカに並ぶ商品たちを喜んで手にして帰ってくださる方もいます。

      そんなみなさんが必ずしもスタッフや私に声をかけてこられるわけではないのですが
      中にはそういう方もいらっしゃいまして、例えばこの間のゴールデンウィークの間だけ
      でも「どうしてこういうお店を開こうと思ったのですか?」という質問を10人くらい
      の方に受けました。

      そんな時、そこからその先の会話に発展して話し込む事もあれば、
      「あ〜、・・・・ですね〜」みたいな薄いリアクションしか返せずに終わる事も
      あります。
      ただ一方的な情報収集タイプの方にはついつい後者の薄いリアクションになりがち
      ですが、私のその時の気分やテンション、仕事の状況などなど、あくまでもこちらの
      状況次第になるのは、当方不特定多数に向けた「障害者施設自主製品相談支援センター」
      みたいな機関ではないのだから仕方がないよなぁと考えています。
      そんな機関無いですけど、たぶん。。。

      にしても、実際に声をかけて来る方はそこそこいるわけで、そうするとわざわざ声を
      掛けてはこない方の中にも、実際はあれこれマジェルカに聞いてみたいと思っている
      方っているのではないかなと考えられるわけです。

      いなかったらどんだけ自意識過剰なんだって話ですが。。。

      しかもワタシ、いつもにこやかに朗らかに「なんでも声かけてくださいね〜」的な
      空気を醸し出しているタイプでは決してない、むしろそれとは真逆っぽいらしいので、
      ホントはこんな人じゃなきゃ聞きたいけど・・・って人もいたりするんじゃないかと。
      (そんな人間が店先にいること自体、店としてはどーなんでしょうね。)

      だったら、いっそのこと聞きたいことがある人にむしろ積極的に答える場をこちらから
      作ってみようかと思い至ったわけです。
      「どうしてこういうお店を開こうと思ったのですか?」という先にも挙がった質問だけ
      でも過去遡れば数百回話をしているくらい聞かれる事だし、だったらそこんとこ気に
      なってる人に集まってもらってまとめて答えたらいいんじゃないかって。
      他の質問だって同じような事を知りたい人はたぶん他にもいたりするでしょうから、
      いっそ何か聞いてみたい人に集まってもらおうと。
      こちらのたまたまその時の状況次第でぞんざいに受け答えするんじゃなくって、むしろ
      「ナニナニ!?もうなんでも聞いて聞いて〜!」くらいに。
      って事でこんな企画をどうぞ。

      「パンツはトランクス派ですか?ブリーフ派ですか?」
      みたいな質問でも聞かれれば答えます。

      webショップの話から

      0
        今、webショップを充実させるべく新商品の掲載やSOLDOUT商品の入れ替えを
        時間の合間を見つけては今まで以上にせっせとやっております。

        それも一つには、先日出店させて頂いたうめだ阪急での売り上げが残念ながら
        思うように振るわなかった結果、各施設さんから仕入れた商品達がそのまま在庫
        として残ってしまいました。
        それも相当に(;´Д`A

        商品の仕入れは一部は委託ですがウチの場合はほとんどが買取り仕入れなので
        それらが売れない事にはちょっと大変。

        ちなみに福祉施設の商品を外部で販売する場合は買取りでなく委託が一般的みたい
        になってるようなところが福祉業界にはあります。
        (実際かなりの割合で「委託」という方法と用語そのものを「卸し」だと勘違いして
        いる方は多いです。)

        それでもウチが買取りを基本にしているのは、少なくともウェルフェアトレード
        (ウェルフェア+フェアトレードの造語)を謳っている手前、やはりフェアだと
        私が考えるトレード(取引、商売)をしたいから。

        さて、ここでマジェルカのwebショップを分析すると、一般的なwebショップの
        平均的な購買率より低いようです。

        先日新聞に掲載された直後や、昨日なんかも結構なアクセス数があったにも関わらず
        なかなか購入にはつながっていません。

        要はせっかくサイトに訪れてもらえても買ってもらえる割合が少ないという事。

        だから、面白い!欲しい!と思ってもらえるかもしれない商品を少しでも増やして
        ショップとしての魅力を高めようとしているのではありますが、もう一方で、
        たまに耳に入る情報や、マジェルカのリアルショップへ来られる方の様子を見たり
        している中で、私なりにマジェルカのwebショップの購買率が低い理由として
        考えているのは、お買い物が目的ではなく、単なる情報集めで訪れる方の割合という
        のが一般に比べて多いのではないだろうかという事。

        情報というと大袈裟ですが、自分たちの施設(など)での商品作りで参考になりそうな
        モノを探したり、最近あるのは障害者施設で作られる商品を販売したいのでその商品や
        取引施設探しというパターン。

        マジェルカはそんな情報提供する事自体をなりわいにしているのではなく、あくまでも
        商品を販売する事でその情報発信も含めた活動を成り立たせている私企業なので、
        ぶっちゃけ、はなからお買い物する気ゼロの方を歓迎するというワケではないのですが
        、リアルショップもwebショップもオープンな場なのでそこはご自由に、というほかは
        ないワケですし、後者のパターンは別としても、安易なパクリは感心しませんが、施設
        職員さんが研究や努力をされる事はむしろ素晴らしいとは思います。

        ただ、どんな業界にも言えると思いますが、情報を集めて発信する為には多少なりでも
        努力しコストをかけているのは事実なので、そこのところを少しでも理解して節度と
        良識ある接し方、こっちにもやってて良かったと思わせてもらえると情報発信のしがい
        があるというもの。

        また、上のパターンのような方とは別で、ごく稀にですが、リアルショップやwebで
        商品などのお問い合わせを頂き、やり取りした末にその商品をご自分で製造している
        施設に直接注文されるという方がいらっしゃいます。
        電気店などでのいわゆるショールーミングのように店頭で物だけ見たり説明受けたり
        した上で、より安いwebショップなどで買うというのとは違って、きっとその方法が
        マジェルカが間に入る取引よりもその施設、利用者さんに入る利益が増えるので、
        良かれと考えての事なのだと思いますが、そのそもその情報をどこで見つけたかという
        と、ね。

        ひとくくりに言ってはいけませんが、障害者福祉に関わる方や、障害者を支援したいと
        いう方たちの中の一部(大部分?)の方の常識や良心というのにギャップを感じてしまう
        事って実は多々あります。

        あれこれと小っちゃいことをグチグチと言いましたが、そんな中でもマジェルカとして
        何を大切にしていくか、諸々とどうやって折り合いをつけていくか、これまでの場と
        活動をどう続けていくか、またこの場をどうやってさらに活用していくか、ここ数日
        考えて、私の中である方向性に至りました。

        その件はいずれ。


         

        関西出張にて

        0
          今週水曜日から阪急百貨店うめだ本店10階での展示会が始まっています。
          その設営のために前日の火曜日に大阪に入りました。

          こちらでもお声がけしましたが現地でお手伝いに集まってくれた4人の方々。

          お二人は期間中の売り場に通して入ってくださいます。
          そのお一人は以前にマジェルカで少しだけお取引きもあった施設の元職員さん。
          もともと顔見知りで共通の知り合いも多いのですがその後のお付き合いが途絶えて
          しまっていたのですがこれを機に再び。
          もうお一方はtwitterでつながっていましたが当日現地で初めましての方。
          お子さんが障害をお持ちでご自身は元施設職員の方。
          エネルギッシュな方で、今回の関わりをとても楽しみにしていて下さいました。

          あとのお二人のうちお一人はマジェルカの初期に西荻窪に何度も押しかけてきて
          来てくださって、以来たまにショップのお手伝いをしてくれていた方。
          その後現場に興味を持って施設職員となったのですが、ご主人の転勤に伴って
          愛知に。
          「阪急のお手伝いに行きますよ!」とある日連絡が。
          「愛知と大阪って近くないじゃん!?」とワタシ
          「でも東京よりは近いですからっ!」と彼女
          という事で1歳のチビちゃんをパパに預けてわざわざ泊まりがけで来てくれました。

          他のお一人はただ(!?)可愛い雑貨が好きでネットで色々見てるうちにマジェルカと
          その商品を障害者施設で作った雑貨専門店だとは知らずに興味を持ってくださり
          たまたまお住まいの大阪でイベントのお手伝いを募集してるのを知って連絡して
          来て下さいました。
          こういうの嬉しいですね。(マジェルカの思うツボです(笑))

          そしてまた明日明後日の週末にはマジェルカのお取引き施設の「ひょうたんカフェ」の
          Iさんが、東京よりは大阪に近いとはいえ愛知の名古屋から駆けつけてくれます。

          本当にありがたい事だと思います。

          また、吉祥寺のショップにも今、5名もの方がボランティアとしてお手伝いに来て
          くれています。

          マジェルカには人を惹きつけるモノがあるんだと改めて実感し、マジェルカってすげぇ
          んだなぁ・・・などと他人事のように思います。
          ワタシ自身にそんな力はさしてないので他人事のように感じます。
          そしてそんなマジェルカを背負ってる事にやべぇなぁ・・・なんて思ったりもたまに。

          飲んでるわけでもないのにおセンチな話はもうやめておいて阪急です。

          吉祥寺のショップの一つとして出店してます。
          IMG_3156.jpg

          全体とてもにぎやかでおしゃれなゾーンです。
          IMG_3157.jpg

          その中の1スペースがマジェルカ。
          壁に沿ってビローンと奥まで横長です。
          IMG_3134.jpg

          IMG_3136.jpgIMG_3139.jpgIMG_3137.jpgIMG_3138.jpg
          IMG_3143.jpg
          IMG_3141.jpgIMG_3142.jpg
          IMG_3159.jpgIMG_3160.jpgIMG_3154.jpgIMG_3149.jpgIMG_3146.jpgIMG_3148.jpgIMG_3150.jpg
          IMG_3149.jpg
          IMG_3151.jpgIMG_3153.jpg
          会期初日の朝売り場に立ち寄って撮りましたが、その後ちょこちょこといじってもらっているので
          また感じが変わっていたりもしますがこんな感じです。

          これまでの商業施設での出店はマジェルカが単独で出るイベントがほとんどでしたが、今回は
          他のおしゃれショップさん達と同じ場所に並んでの出店という事で、その中でマジェルカを冷静な目
          で見てみると展示も商品もまだまだ頑張らないとなぁ、勉強しないといかんなぁと思ってしまいました。。。

          この後は京都に移動してスウィングさんへ。

          かっちょいい車で迎えに来てもらって鴨川ちかくのスウィングさんへ。
          話してばっかりで写真をほとんど撮ってなかったのですが帰りがけにみつけました。

          この官能的な体と表情は一目でマリリンモンローだとわかりますよね。
          ね?

          9月の吉祥寺マジェルカでの展示会イベントに関する打ち合わせだったのですが
          結局そんな話はせずに終わり、夜にセッティングしてくれた飲み会でやっと
          ちょっぴりその件を打ち合わせしました。。。

          翌日は今回の阪急に出してみたお皿を作ってもらったテンダーハウスさんへ。
          ちょうど休憩中の画像ですが、仕事中の時間はそれぞれみなさんずっと作業をしています。


          お皿にワンポイント施されている可愛いイラストを描いているのは魚嶋さんです。

          あれ?
          美味しそうな恵方巻きの絵の下の作業分担表によると一応今日の彼の作業は「やすり」となって
          いますがやすってるところ一度も見ませんでした・・・


          彼が描いた絵を元に作った型をお皿に押してもらっています。


          彼のデフォルメ力(りょく)は凄まじいといえるのです。
          ぜひご覧いただきたい。(爬虫類出ます、閲覧注意でね)


          コレがね・・・


          こうなっちゃうワケですよ!

          出来ます?こんな引き算があなたに!?

          なるほどね〜と思うけど無理でしょ。

          さて、
          「魚嶋さんが描いた絵で作ったお皿を今うめだの阪急に置かせてもらってますよ〜」
          なんてね、押し付けがましい事を言っちゃったりするワケですよ私が。
          喜んでくれたらいいなぁ(そしたらワタシも嬉しいな)・・・なんて思いつつ

          そしたらね、全く興味ないっぽいんですよ!
          描ければいいっぽいんですよ、今日の役割のやすりがけなんかもそっちのけで。
          ギャフンッ!て感じですわ。
          すかさずスタッフさんが
          「お母さんは見に行ってきっと喜ぶかもしれません。」
          なんてフォローしてくれましたけどね。

          とはいえワタシはその絵でお皿が作れればいいんですけどね。。。
          それ見たお客さんも面白がってくれてるし。


          阪急3/29(火)17:00までです。

          撤収作業にまた大阪行きます。
           

          やさしい作業療法士のお姉さんが教えます。。。

          0
            いよいよ明日3/23(水)から一週間「阪急うめだ本店 10階 スーク」での
            展示販売が始まります。

            今はその会場設営の為に大阪に向かう新幹線の真っ只中。
            隣の席に座ったサラリーマン氏のゲップとイビキに耐えながら書いている
            ところです。。。

            その阪急の売り場の様子は明日にでもアップするとして(たぶん)、今日は
            別のご案内を。

            「意地の悪いオッさん」ではなく「優しいお姉さん」というのがミソです。

            マジェルカにたまにお手伝いに来てくれるのがこちらの作業療法士のお姉さんです。
            自分ではオバさんだと言ってますが私からしたら立派なお姉さんです。

            彼女と、ある日焼き鳥屋で飲みながら考えた企画なのです。

            このわかりやすくかわいいチラシはやはりマジェルカに手伝いに来てくれている
            障害児のママさんがぱぱっと作ってくれました。

            私は何もしないで焼き鳥屋で飲んだだけというのがミソです。

            まずはやってみて好評だったら継続や応用していきたいと考えています。

            山陰出張にて

            0
              これから東京へ帰る出雲空港にて書いております。

              一昨日から島根に来ておりました。
              島根県障がい者就労事業振興センターさん(長い!)から、こちらの
              ショップのリニューアルのお手伝いというお仕事のご依頼で2日間
              島根に行ってきました。

              その名も「藻塩屋」さん(シブい!)
              社会福祉法人山陰家庭学院が運営する障害者支援事業所「はばたき」さんの
              お店、ショップの名の通り自主製品で「藻塩」を作っています。

              小手先のノウハウを羅列して知識を詰め込むレクチャーをしてもあまり意味が
              無いのでそれをするつもりは無いですというお話を事前にさせて頂いた上でした。
              とはいえ、何をしたいかを全て引き出した上で、さらにショップリニューアルの
              具体的かつ詳細なプランニングの全てを1日半弱で作り込む事はさすがに無理
              なので、関わる皆さんのヤル気とアイデアを引き出して、自分たちで出来る
              (はずの)事、やるべき事を整理するお手伝いをし、まずは7月2日にOPEN
              させるという事までを明確にお約束までしてきました。
              さて、どうなるでしょうか、ワタシも楽しみです。

              そういうお仕事で呼んで頂く事でもないかぎり地方に足を運ぶ事は中々ない
              もので、そういった折角の機会には観光よりもどこか面白いモノづくりや活動を
              されている事業所が無いか探して可能な限り見学に訪問するようにしています。
              いわばマジェルカのバイヤーとしてのネタ集めですね。

              そして今回は島根のお隣の鳥取まで足を延ばして行ってきました。

              行ってきたのは「ノームの糸車」さん

              島根県の西伯郡南部町という国立公園でもある大山の麓にあるのです。
              窓の外のこちらもノームの糸車さんの畑ですが、その向こうに見えるのが大山。

              一歩表に出てみると間近にとても綺麗な山の姿。
              今回の旅は天気にも恵まれました。


              こんな素敵な環境にあるノームの糸車さんでは皆さんで羊毛クラフト作りを行っています。


              こちらで作っているのが

              こんな可愛い色々なマトリョーシカ


              他にもこんな実物大の小鳥、これはクオリティ高いです。


              その他にもフェルト細工があちこちに色々とたくさん


              羊毛を紡いで毛糸にしたりもしています。

              それを織ってのモノづくりも。


              他にはこんな細かな模様のタペストリーなんかも


              なんか窓辺で佇んでいるコイツ、製作途中のようですがデカい!


              とまぁ、他にも色々面白いものがあふれているノームの糸車さんですが
              製品や作品のクオリティが高いのです。
              それは加工だけでなく、材料作りからこだわっているからでもあるのですが
              地域内の羊牧場から羊毛を仕入れています。

              毛刈りにもメンバーさんたちでそこに行くそうです。

              そうやって仕入れた羊毛を自分たちの手でカラフルに染めています。

              これだけ量が多いと圧巻ですが、ここまでやってここまで材料があると、誰がなんと
              言おうと立派な羊毛フェルト工房ですね。

              工房内では製品作りに使う羊毛が綺麗に整理されています。

              さてさて、こんなノームの糸車さん、今回の出張のついでにどこかへ、
              と思ってたまたま見つけたワケではありません。
              実はマジェルカをオープンしようと思って日本中あちこちの良いモノ、
              面白いモノ探しをしている時にしっかりチェックしてアプローチをしては
              いたのですがうまく連絡つかないままで今日まで至り、そしてやっと実った
              今回の訪問だったのです。

              少し先にはなりますが今ノームの糸車さんが作っている製品をマジェルカで
              試してみましょうというお話になりましたし、今後の商品企画の素材としても
              ちょっと面白そうなモノが見つかったしそれで先方が抱える悩みも少し解決
              出来るかも。

              少し無理して行ってきましたが良かったです。
              モノが良いのは訪問せずとも分かってはいましたが、やはり出来るだけその
              モノ作りの背景にある環境や人を見て、聞いた上で扱いたいというのが
              あります。

              ・・・たまに
              「私もマジェルカみたいな障害者の為の店をやりたいので商品や施設の情報を
              下さい。」と来たり、来ずにメールだけ送ってきたりするする方もいるのですが、
              ここではその良し悪しの話は置いておいて、ワタシの場合は“障害者の為の”の
              前にそのモノに対する興味が強いのと同時に、そこだけをウリに出来るような
              お客さんを相手にしていない(したくない)のでなおさら「これをマジェルカの
              商品として扱う意味(動機)」というのが重要になってくるのです。
              また、思い入れを持たないままにその商品の良さをお客様に伝えたり、その為に
              並べて見せたりするような器用な事がなかなか出来ないという事も。
              だから出来るだけ作り手に会いに行くというのが必要になるのです。

              みなさん、ちょっと楽しみにしていてくださいな。

              さて、ちょうどフェルトといえばこちらも。
              吉祥寺のマジェルカ地下ギャラリーで明日3/18(金)から八王子生活館さんの
              展示が始まります。
              作り手のメンバーさんが来て手織りや手紡ぎの実演をやってくれます。
              そしてフェルトのワークショップも。
              IMG_2941.jpg
              どうぞ遊びにいらして下さい!

              書き始めは出雲空港だったのでしたが結局東京の家にたどり着いてから書き上げましたとさ。。。

              JUGEMテーマ:雑貨shop

              お久しぶりです。

              0
                どうもお久しぶりです。

                前回の更新が1月中旬ですから2ヶ月近くのお久しぶりのこのブログ。
                2011年9月から書き続けてきてこんなに間あけてしまったのは初めての事。

                なんかあったのかって?

                ええ、まぁ、なんかあったと言えばあったし、特に無かったと言えば無かった
                のですが、なんかすみません。。。

                言い訳じゃないんですがここで発信する代わりっちゃなんですがinstagramと
                twitterではお手軽&タイムリーにお店や商品の様子などなどを、チマチマと
                こまめにアップしておりましたのです。
                はい。
                ご興味あればどうぞそちらも覗いてみて下さいませ。

                そして長い沈黙を破ってここに戻ってきた今日、皆様にお知らせしたい事が
                まずふたつあります。

                その
                マジェルカ地下のギャラリーで、八王子生活館さんの展示を開催!
                3/18(金)から。
                メンバーさんたちによる手紡ぎや手織りの実演を会場内で行ってくれるので
                生活館さんの世界観そのままが現れて、前回開催時にも好評だった展示会です。
                タイトルの「さいたさいた展」の通り、ちょうど例年なら井の頭公園の桜も咲き
                始める時期ですので花見がてらにも是非どうぞ。
                IMG_2941.jpg

                その
                3/23(水)〜大阪の阪急うめだ本店にマジェルカが出店します!
                場所はイカした手仕事作家さんやシャレオツなショップさんなどが期間限定で
                入れ替わり立ち替わり出店するスペースに、吉祥寺の他のいくつかのお店さんと一緒に
                出現します。
                昨日今日と展示レイアウトの詰めを行ってましたが、一週間しか出ないのに調子に
                乗って吉祥寺のマジェルカと同じくらいの広いスペースをもらってしまって今更少々
                焦っております。。。
                でも最終的にはそれなりに面白そうなスペースが私の頭の中では浮かんでいます。
                (と、言っておきます。)
                私は設営と撤収含めた最初と最後しかいない予定ですが、会期中は素敵なレディ達に
                お任せしているので西の方の方々、この機会に是非足をお運びくださいませ。

                場所:阪急うめだ本店10階「スーク 中央街区」
                期間:3/23(水)〜3/29(火)
                時間:10:00〜20:00(金・土は21:00、最終日は17:00まで)


                とこんな感じですが、あぁ、なんだ、イベントのアナウンスだけしたくてここに戻って
                きたのか、と思われたらちょっぴり癪なので、眠いのですがもう少し頑張ってみること
                にしますね。

                つい先日、久しぶりに「杉並いずみ第二」さんにお邪魔してきました。
                マジェルカでは普段は主にフェルトのアクセサリーでおなじみですが、他に知る人ぞ知る(?)
                刺し子ふきんでもご存知の方も。
                この刺し子ふきん、元々はお邪魔した時、無茶苦茶に刺して縫った大量のふきんが入った
                足元の箱を見つけ、その迫力というかなんちゅうかに興味を持って聞いたら
                「これ練習用にデタラメに(と言ったかどうか)縫った物で売り物にならないんですよ〜」
                とおっしゃるので「おっしゃ、ほなら全部ウチが引き取ったるで!」と気っ風のいい男前な
                商人のように言ったか言わずか、というか別に言ってないんですけど全部買い占めたという経緯が。
                それは確かに縫い目に引っ張られてクシャクシャになってたりで、とても綺麗に整ったふきん
                とは言えないのですが、試しに店でだしてみると人気商品に。
                ただ、その後新たに注文をするようになると、そのワイルドさというかなんちゅうかが
                いつのまにか消えてきれーいなお上品な刺し子になってしまったというオチが。。。
                ソレはソレでもソレをヨシとして下さるお客様もいるのですが、奔放さというかなんちゅうかに
                惹かれた身としてはさみしいなという思いを抱えて過ごしていたこの頃だったのですが・・・
                なんと、なんちゅうかが戻ってきていたのです!
                IMG_2017.jpg
                担当のYさんも嬉しそうに「また自由な感じが戻ってきたんですよ!」と
                (そうか、なんちゅうかってのは自由な感じってことだったのか・・・)

                なんちゅうかを作るメンバーさん
                IMG_2014.jpg

                こっちはこっちで!
                IMG_2015.jpg

                なんちゅうか丸が好きなんです彼女は!
                IMG_2018.jpg
                たたんであるのを勝手に広げて興奮する私でしたが、実際嬉しかったですね。
                そしてふと真顔で、「これどの位かかって出来たんですか?」と聞けば
                「2週間位ですかね」と。
                「なるほどねぇ・・・これをこうしてああして切ったら何枚取れるから一枚◯◯円で売れば・・・」
                なんてYさんと顔を見合わせてニヤ〜っと話してるとまるで悪い企みするいやらしい商人
                みたいな気分に。。。
                いや、でも悪いことしてませんから、ウチのやり方で迷惑するのは障害者の作る物を安く
                買いたい人と安く売りたい人だけですから。

                刺し子だけでなくもちろんフェルトも絶賛制作中!

                杉並いずみさん、フェルト製品でも面白い新しい商品作っていてその場で発注。
                他にも色々と発見。
                久しぶりなのに私の名前を覚えてくれていて声をかけてくれるメンバーさんもいたり。

                さて、この杉並いずみさん訪問の前の週には、ガラスアクセサリーや阿山さんの絵でご存知の方も
                多い八王子の「木馬工房」さんに訪問もしています。

                とある取材の同行と商品の仕入れを兼ねて行ってきました。
                IMG_1956.jpg
                至近での撮影にもまったくひるまない阿山さんにこっちがひるんでしまいます。。。

                マジェルカでもポーチに使わせてもらっている「水牛と鳥」
                後ろの方は遠くじゃなくってほぼ横にいるんですからこの作品の大きさには圧倒されます。
                しかも板だから重いんです。
                先日マジェルカにひょっこりと阿山さんがご両親と一緒に来て下さった際にお母様に伺ったの
                ですが、これだけの大作ですが、阿山さんは一気に描き上げたそう。
                その集中力も他の作品時に比べてもものすごかったそうなのです。
                大きいけれどマジェルカの地下にはなんとか運び込めそうなのでお借りする約束もしてきました。
                (いつになるかはお楽しみに!)
                IMG_2933.jpg

                以前に見た事のない素敵な作品があちこちにあっていつも新鮮。
                IMG_1962.jpg

                IMG_1955.jpg

                写真撮れなかったのですが、マジェルカで木馬工房さんといえばもう一つはガラスのアクセサリー。
                実際に作っているメンバーさん自らアドバイスを求めてきてくれるので「こういうのが欲しいです〜」
                とか「こういうのだったら売れると思います〜」とか

                近頃少し足が遠のいていた現場への訪問の機会が続いた事で、私の場合は自分自身のモチベーション
                を維持する為にも現場に行く事がとても大切なのだなという事を改めて実感しました。

                杉並いずみさんの刺し子とフェルト、織り製品、そして木馬工房さんのガラスアクセサリー
                阪急うめだにも出品します。
                それに販売はしませんが、なんと阿山さんの作品も少しお借りして展示させてもらいますよ。

                JUGEMテーマ:雑貨shop

                フタミン展やります。。。

                0
                  先日のアーツ千代田での出店、自分でいうのもなんですがちょっと
                  いい感じのスペースが作れました。

                  場所がちょっぴりかっちょ良いスペースだったから、平台だけで
                  いかにもバザーっぽくなるのは嫌。
                  かっちょよく立体的に、賑やかな展示にしたかったので、今回は
                  屋内でテントを張るってのを試しました。
                  しかもカバーを外してフレームだけ。
                  そこにチェーンやフック、アイアンバー(ただの建材の鉄棒)などを
                  使いまくってアレコレぶらぶらと。

                  どうすか?
                  悪くないでしょ?

                  しかもこのテント、◯天ショップで¥7,000くらい!
                  しかも軽くてコンパクト。

                  イベント出店するような機会がある方は是非ご参考に( ´ ▽ ` )ノ

                  今回はマジェルカで定期的にお手伝いしてくれる方々の他に
                  武蔵美の学生さんや名古屋からわざわざ「ひょうたんカフェ」の
                  Iさんもお手伝いに駆けつけてくださいました。

                  皆さんどうもありがとうございました。

                  そんなひょうたんカフェさんにマジェルカで提案して作ってもらった
                  ここでお目見えした新商品がありました。

                  それがこちら

                  手織り生地のクラッチバッグです。
                  ファスナー取り付け部分がどうだとか、芯地がどうだとか試作のやり取り
                  をしてひとまず出来上がりました。
                  会場でも目を引きましたが、ちょうど今日も吉祥寺マジェルカでは店頭で
                  こちらのバッグを気に入って下さったお客様が絞りこんだ2つのうちの
                  どちらにしようか迷いに迷った上でなんと2つともお求めになって下さい
                  ました!
                  しかもとても嬉しそうに。
                  こちらも嬉しかった。
                  どうもありがとうございます!

                  さて、と。

                  間近になってしまいましたが展示のご案内を。


                  (画像クリックで拡大)
                  色々突っ込みたいコトあるかもしれませんがちょっと待って下さいね。
                  色々説明しますからね。

                  フタミンてのは写真の彼の愛称。
                  本名は二見幸徳さん。(webでも掲載されてるので実名報道)
                  神奈川県の平塚でアート活動やそれをデザインすることでお仕事作りを
                  している「studio COOCA」(スタジオクーカ)という障害者施設に通う
                  メンバーの一人。

                  マジェルカでも人気が高く、このブログでも取り上げた事もあるので
                  皆様の中にも知ってる人は多いかもしれないあの「納豆ポーチ」の絵を
                  描いているのが彼。

                  なんかおむすびっぽいもの食ってはいますが、加えて坊主頭でお腹が
                  立派に出っ張ってはいますが、
                  「ぼ、ぼくはおむすびを食べてる時が一番幸せなんだなぁ。」
                  とか言いながらタンクトップ姿で線路を歩いたりはしない方の人(たぶん)

                  このブログにしょっちゅう意味不明だったり、ごくごく私的なコメント
                  を残すのも彼。
                  頼んでもいないのに我が家の猫の絵を描いてくれるのが彼。
                  半ば強制的に彼の誕生日を祝う会を開かされて2年。。。

                  そんなグイグイくる感じが彼にとっては功を奏してなのか、我々にとって
                  は災いしてなのか、小さな作品展を西荻窪時代のマジェルカでも開催。
                  それはそれで面白い展示になったしお客様も喜んでくれたかなと。

                  昨年も彼にとって何回目になるのか、別に私には興味はありませんが
                  とある日に「今度の僕の誕生日はさ〜」という連絡が・・・
                  (なんでお祝いするのが当たり前なんだよっ!)という思いは若干あり
                  つつ忙しさもあってお茶を濁しているうちになんかしなきゃいけなく
                  なったという感じでの今回のミニ作品展の開催だと思って頂いてだいたい
                  結構です。

                  小さな作品が多いのでそれらの販売もします。
                  普段はマジェルカでは扱っていないフタミンにちなんだグッズも出します。

                  展示作品は絵画だけではなくて彼にはジャンクハンター(本人はJHという)
                  という顔もあるのです。
                  そう呼べばカッコよいですが、要はゴミの中から変な物を集めてくる人です。
                  それに手を加えたり加えなかったりしたモノも今回展示する事に。
                  (っていうか展示させられる事に・・・)
                  こんなモノ持ってくよって届いた画像の中には面白いモノもあったので
                  良しとしますわ。

                  おまけに一緒に届いた彼の他の画像もどうぞ。

                  寝転がってなんか食べてばっかりです。。。
                  以前よそでやった展示でしょう「僕のおもてなし展」ってなってますが
                  おもてなし感ゼロです・・・

                  展示初日の1/23(土)の夕方から本人もマジェルカに登場します。
                  そしてマジェルカの地下スペースではミニパーティーを開催します。
                  18時頃からの予定で当日誰でも参加自由、無料(持ち込み歓迎!)

                  さぁ!
                  なんだかフタミンの事が気になってしまったアナタ
                  彼の高校の先生や、なぜか毎回この為に奈良から来るというこれまでの
                  フタミン誕生会のメンバーと一緒にフタミンと食べたり飲んだり、彼が
                  持ってくるらしいテレビゲームなどしながらダラダラとなぜか彼の3ヶ月
                  前の誕生日をお祝いしませんか?

                  たぶん面白いですよ。
                   
                  JUGEMテーマ:雑貨shop

                  明日と明後日は千代田へ

                  0
                    マジェルカ、明日と明後日は千代田区にある「アーツ千代田3331」で販売会です。

                    会場:アーツ千代田3331 1Fコミュニティスペース
                    期間:2016/1/9(土)〜1/10(日)
                    時間:12:00〜19:00(位)


                    室内なのになぜかテント持って行って設営します。
                    今回はあまり展示計画を細かく練ってませんがまぁなんとかしますって感じ。

                    2日間だけのイベントなのに1週間分位の商品を用意してしまいました・・・

                    結構色々持っていきます。
                    この為に色々あちこちから取り寄せました。
                    吉祥寺マジェルカにもまだ出ていない、ココで初お目見えの商品もあります。


                    こいつらも連れて行きます。


                    吉祥寺のマジェルカに来た事ある人もない人も、また、普段はなかなか東京の
                    西側のマジェルカまでは足を運べない方もこの機会にぜひ遊びにいらして下さい。

                    アーツ千代田3331のメインギャラリーでは「ポコラート受賞者展」を開催中。
                    ここには他にも素敵なカフェがありますし面白いギャラリーショップも。
                    2階にあるエイブルアートカンパニーさんのA/Agalleryではたくさんのカレンダー
                    を展示販売中でもありますので色々遊べますよ。

                    アーツ千代田3331のHPはコチラ

                    私は始まる前から準備などで少しくたびれていますが明日頑張ります!


                    JUGEMテーマ:雑貨shop

                    明けましておめでとうございます。

                    0
                      皆様明けましておめでとうございます。

                      マジェルカは新年は2日から営業しておりましたが、
                      今日あたりからお仕事初めの方も多かった様子ですね。

                      ご報告ですが、今年1月からマジェルカは株式会社として法人化させて頂く事となりました。

                      「今まで違ったの?」と感じられる方もあるかもしれませんが、確かに今まで法人で
                      ないにも関わらず色々なお仕事をさせて頂く機会を様々な相手先様から頂戴していた
                      のには感謝です。
                      ただ、やはり求められる機会も増えてきたものでやっとここらで重い腰を。

                      また「いまさら!?」という方もあるかもしれませんが、やる事、目指す事はこれまで
                      とほとんど変わるつもりはありません。
                      ただ、もう少しやれる事がありそうだという思いがある時点からあったものの延ばし
                      延ばしにしていただけだったりしたのです。

                      とはいえ残念ながら急速に物事を運ぶ事がどうにも苦手な私なので色々と少しずつ。

                      皆様にはこれからもマジェルカを見守って頂ければと思います。

                      さてさて今週末1/9(土) 1/10(日)は以前にもご案内していた「アーツ千代田3331」で
                      マジェルカ臨時出店となります。
                      (吉祥寺も通常通り営業してますよ)
                      ここで投げかけたお手伝いの募集にも学生さんからご連絡いただけ、準備万端で(たぶん)
                      望みます。
                      営業時間はギャラリーで開催中の下記の「ポコラート受賞者展」に合わせて12:00-19:00
                      の予定。

                      私藤本は基本吉祥寺ではなくこちらの会場にいる予定(たぶん)
                      普段の吉祥寺では中々ゆっくりお話しとはいかないのですが、ここではスタッフもたくさん
                      いてきっと手持ち無沙汰(?)にしていると思うのでご相談やお話しをしてみたいという方は
                      おいでになってお声がけくださいな。

                      出店といえば少し先のお話しにはなりますが3/23〜3/29に「阪急百貨店うめだ本店」に
                      出させて頂く事になりました。
                      そこで、設営から販売、撤収までその期間通してアルバイトしてくれる方いませんかね?
                      興味ある方はご連絡ください。

                      さて吉祥寺マジェルカでは「クラフト工房ラ・まの」さんの「ネコとマフラー展」を年を
                      またいで開催中ですがネコもマフラーも評判良しです♪
                      途中から展示を奥から手前のスペースに変えてずらっと並べてからはなおさら。

                      並べているこちらもあまりにカラフルで楽しい気分になりますよ。
                      1/6までの予定でしたが少し伸ばそうかなと(ラ・まのさんに相談まだしてないけど)
                      とりあえず今週末の「アーツ千代田3331」には出すつもり。

                      他にもショップに仲間入りした新商品をご紹介。

                      以前に地下で展示してくれた「あとりえトントン」さんの革靴ネックレスが可愛かったので
                      追加で製作してもらって入荷してみました。
                      こうやって並べるとまた可愛らしい。。。
                      ¥1500なり。

                      トントンさんからは可愛らしいだけでなくカッコイイこんなものも。

                      革製PCケース。
                      2年くらい前に私が自分用に欲しくて作ってもらって今でも愛用しているものを何故か
                      いまさら商品化しました。
                      カバンに入れずにそのまま持ってもカッコイイし、私は良く折れたら嫌な書類などもPCと
                      一緒にこのケースにしまって持ち運んでます。
                      PCを出してこのケースを使わないときはクルクルとヒモで巻いておけて、それもなんか
                      カッコイイと思ってます。
                      ¥12,000なり。

                      最後に出来たて届きたてほやほやの一番ホットな新商品のご紹介。

                      おなじみとなりつつある「かうんと5」さんのマスクマンの新商品。
                      ふせんです。
                      こちらはふせんを作りたいという「かうんと5」さんのご希望に対して商品のデザインから
                      製作までをマジェルカで担わせて頂きました。
                      マスクマンのキモかわいさが存分に出ているかなと。
                      お求めは直接「かうんと5」さんへお問い合わせ→
                      またはマジェルカwebショップから。


                      そういえば私、今年からメガネデビューしたんです。
                      片目だけが極端に悪いいわゆる「ガチャ目」というやつで、ほぼ片目で
                      子供の時から生活してきたので不便を感じないというかそれ以外を
                      知らないで生きてきたんですが、近頃色々負担に感じてきて。
                      それに奥さんから「アンタ顔つきあんまりよくないけど客商売なんだから
                      メガネでもして少しソフトにしたらいいかもよ。」と悪口のようなアドバイスの
                      ような事を言われたりもして。
                      結果、視界がクリアになって景色が明るく、そして良く見えるようになりました。
                      コレはとてもいい。
                      視界が明るいと気持ちも明るくなります。
                      最近は天気も良いのでなおさら。

                      常にしてる必要もない程度なので今はしたりしなかったりですが。

                      とりとめのない話題満載で始まった今年のマジェルカのブログですが
                      今年もどうぞよろしくお願いいたします。

                      JUGEMテーマ:雑貨shop

                      | 1/36PAGES | >>

                      マジェルカオンラインショップ

                      ネットショップはこちら

                      カレンダー

                      最近の記事

                      カテゴリ

                      過去の記事

                      最近のコメント

                      ツイッターでもつぶやき中!


                      プロフィール

                      QRコード

                      qrcode

                      リンク


                      周南あけぼの
                      うらやすガラス幸房
                      草の実工房もく
                      Zakka Search
                      雑貨ロボ
                      雑貨のおまつり
                      雑貨系サーチエンジン



                      リンクについて
                      当ブログおよびマジェルカホームページはリンクフリーです。
                      リンクの際にはこちらのバナーをご使用ください。

                      ↓Sサイズ(100×57)
                      majerca

                      Mサイズ(170×90) はこちら
                      Lサイズ(280×150) はこちら

                      またリンクしていただいた場合、こちらにご一報ください。こちらからも相互リンクをさせて頂きます。



                      S M T W T F S