全国の福祉施設で作られている手仕事品のセレクトショップ

名古屋に行ってきました!

こんにちは!

スタッフWです☆

前回のブログを読んでくださった方がお店に慰めに来てくれて

「スタッフWさんですか?」と声まで掛けて下さり

嬉しい限りです(;O;)

気軽に声かけてくださいね〜!

さてさて

先日オーナーと二人で名古屋へ行ってきました!

旅行ではなくお仕事です。

JR名古屋高島屋さんで行われている

「暮らしのSTORE展」に出展させて頂いており

その準備と初日の販売のお手伝いに行ってきたのです。

これは全国の人気ショップが集まるイベントで、

ジェイアール名古屋タカシマヤさんから

なんとマジェルカにもお声がけを頂いたのですが、

実は色々と立て込んでいる今のマジェルカ。

さすがに期間中出張してというワケにもいかず、

とはいえもったいない機会!

そうだ、名古屋といえば親しくお付き合いさせて頂いて

いる「ひょうたんカフェ」さんがある!

という事で今回はひょうたんカフェさんに押し付けて

お願いをして、マジェルカとひょうたんカフェさんで

コラボレーションとして出店しました。

とはいえ設営や初日の販売はお手伝いをという事で、

設営日の朝早くにオーナーと名古屋入り。

でも、思ったよりあっという間に設営が終わってしまい

一緒に準備をしていたひょうたんカフェのスタッフさん

たちとランチへ。

名古屋飯が食べたい!とリクエストすると

数ある名古屋飯の中からこちらを紹介してくださいました!

味仙!

名古屋ではおなじみの台湾ラーメン。

「辛いですよ〜」と脅かされながら食べたのですが

おいしかった〜!!!

おいしすぎてオーナーも私も

スープを全部飲み干してしまいました。

その結果汗が止まらなくなりました。

その後はおススメしていただいた名古屋の観光スポット「大須」へ。

大須観音で商売繁盛、家内安全、健康第一・・・いろいろお願い事して

大須商店街をぶらぶら・・・

レトロな看板のおもちゃ屋さんが素敵でした。

以上。大須観光終わり。

思ったより時間を持て余してしまったので

ホテルへチェックインしに移動。

夜は名古屋飯が食べれる居酒屋さんへ連れていって頂きました。

ひょうたんカフェさんと一緒に活動されているお仲間たちも一緒に

ご飯を食べたのですが、お酒を飲むのはマジェルカの二人だけ・・・。笑

お酒がなくったってお話は盛り上がり

名古屋の事業所さん事情やUFO部という名で活動されているお話

こんな商品作ってます!などなど

色々聞かせて頂きました。

その後はオーナーと二人で2件目へ。笑

名古屋名物「どて煮」がおいしいお店へ移動。

しかし、残念ながらどて煮が入っていたであろうお鍋は空っぽ。

おばちゃんが鍋のそこにあったどて煮をかき集めてくれました。

もっと食べたかったな〜。

ほろ酔いで何の話をしたかはあんまり覚えていませんが

きっといい話をたくさんしたことでしょう。

1日目は終わり。

翌日オーナーは吉祥寺のお店を開けに朝一で東京へ戻りました。

私は、名古屋といえば!の喫茶店でモーニングを食べてのんびりしてから

ひょうたんカフェさんへお邪魔しました。

ちょうど一日の作業が始まるところだったようで

「きよしのズンドコ節」に合わせて体操をしていました。

2階へ移動すると「ちょうど織りあがったんです!」と

織りたてほやほやの反物を見せてくれました。

マジェルカの商品でもおなじみの「あじろ織り」です。

この反物からどんな商品が出来上がるのか楽しみにしてますね〜!

ひょうたんカフェさんにはたくさんの織り機がありました。

一般的な織り機は手と足を使って織りあげていくのですが

ひょうたんカフェさんにある織り機の中には手だけで織ることができる

織り機がありました。

「織りなんてできない」と思っていた車いすの彼は

「この織り機と出会って織れるようになり自信がついたようですよ。」

とスタッフさんがお話してくれました。

ひょうたんカフェさんはとにかく明るい!

メンバーさん同士はもちろんスタッフさんが加わると笑いが更にパワーアップします。

常に誰かが笑ってる!

みんなで同じ空間、同じテーブルを囲んで

和気あいあいと作業されているからこそ

素敵な製品が生まれるんだろうな〜と感じました。

和やかな雰囲気に後ろ髪引かれながらJR名古屋高島屋へ!

暮らしのSTORE展初日の店頭に立たせてもらいました。

木の鉢やピックを作ってくれている「レインツリー」さんから

スタッフさんが来てくださり素敵な差し入れをしてくださいました!

※非売品です!

名古屋のお客様はマダムな感じの大人の女性が多い印象を受けました。

なので手に取られる商品も派手なものより落ち着いたもの

可愛い物より落ち着いたものが多かったように思います。

お客様の中には以前ひょうたんカフェさんの商品を買ったことがある方も多く

いらしており名古屋でも人気があるようで嬉しくなりました。

ひょうたんカフェのスタッフさんと一緒に販売させて頂いたので

商品の説明の仕方や作り方なども勉強させてもらいました。

実際に作っている現場や作り手さんにお会いして感じたこと、見たことは

吉祥寺のお店にいるだけではわからないことがたくさんありました。

お客様に手に取ってもらうためにはもちろんいい商品であることも大事なこと

だと思いますがどんな人がどんな所で作っているかを知ることも

商品を手に取りたくなるきっかけになるのではないかな?と感じました。

これからマジェルカに来られるお客様にしっかりお伝えできるように復習します!

ひょうたんカフェのみなさんお世話になりました(^-^)

次回のマジェルカCaféまで1週間を切りました!

まだまだ参加受け付けておりますので

ぜひみなさん参加してくださいね〜!


キラキラ☆マジェルカ

こんにちは!はじめまして、現在週末限定スタッフの中山です。

 

私はマジェルカ(≒オーナー藤本氏)の熱烈なファンとなり、かれこれもう6年近くになります。

マジェルカのオープン直後からのおつきあいです。オーナーに何度も断られても、

きついことを言われても、こっぴどく怒られても、歯をくいしばり、めげずに通い続ける

けなげなヤマトナデシコです。どうぞよろしくお願いいたします♪

 

  ブログでは「マジェルカで手伝いたいとしつこく何度もいう…」Nさんとして登場した

こともあります。

しつこい いいえ、粘り強いのは生まれつきです。

 

気になる方はぜひブログをさかのぼってチェックしてみて下さいね。

 

さて、マジェルカの初期からずっと見てきた私が1番に思っていることは

(偉そうですね…)

「マジェルカにある商品は何年たってもキラキラ輝き続ける!」ということなのです。

宝石の話ではありません、マジェルカのはなしです。

私はマジェルカの初期のものを今でも大切に使っていますが、いまだにそのパンチ力は

衰えず、そうきたかー!と良い意味でいつも期待を裏切られ、ほっこりさせてもらっています。

「障がいがある人が作ったから…」ではなくて、純粋にそのもの自体が素敵なのです。

 

何年経っても色あせることなく、決して飽きません!そして見た目だけでなく、どんな人が

作っているのか、どのようにして出来たのか等、その商品のストーリーも魅力。

 

マジェルカの店内では商品それぞれの個性がいい具合に混じり合って、ほっこり温かい雰囲気。

 

それはオープン当初から今でも変わりません。

 

私はマジェルカへ行くと初めは買うつもりがなかったとしても、あれも可愛い!

これもおもしろい!と店内を何周もして、お店を出る時には何かしら買っています。

あれ!?マジェルカマジック!?

だってどの商品も「ねえねえ、ワタシ素敵でしょ!?」とキラキラ輝きながら何度も訴えて

くるんです。

危険な店です!

 

今のマジェルカには、可愛いもの、ほんわかしたもの、かっこいいもの、パンチが効いたもの、

ちょっと怖いもの、じわじわくるもの・・・本当にいろいろなものがありますが、

最近キラキラ度が格段にパワーアップしている気がします!

あっちからもこっちからも「ねえねえ!」とキラキラキラキラ、誘惑されてしまいます・・・

 

☆月◯万円のお小遣いでは私やっていけません!!

 

私は今年の2月から週末だけマジェルカで働いています。

 

マジェルカと出会った当初からマジェルカの理念に共感し、ここで働きたい!とオーナーに

アピールするも何度も断られ、なかなか叶いませんでした。

 

それでもマジェルカと関わり続けるうちに障がいのある方達と一緒に働いてみたい!と考える

までになり、福祉施設に就職し正職員として約3年間働きました。

残念ながら出産と夫の地方転勤を機に退職しましたが、その間もマジェルカのイベント等の

お手伝いをしたり、お店を訪ねたりしてしつこくつながり続けました。

ついでにその間子育てしながら将来のためにと社会福祉士も取得しました。

 

ですから、週末だけでもマジェルカで働けることは私にとって大きな喜びです。

(さすがのオーナーも根負けしたようです!)

 

レジでお客様に品物をお渡しする時、私はいつも「新しいところでもうまくやっていくんだよ!」

と我が子を嫁に送り出すような心境です。それだけマジェルカにあるものには愛着がありますし、

どれも自信を持ってお客様にオススメできます。

 

お買い物をして笑顔で帰られるお客様を見送る時は心の中で密かにガッツポーズ!!

お客様にも喜んでいただけて、さらにマジェルカのことや商品のことを知ってもらえるのは

とっても嬉しいことなのです。

 

今マジェルカには沢山の方が立ち寄って下さいますが、もっと色々な方とお話をして

マジェルカのことを知ってもらいたいと考えています。

 

ぜひ皆さんご家族やお友達を誘ってマジェルカへ遊びに来て下さい。

マジェルカでしか会えないものがきっと見つかるはずですよ。

心からお待ちしています♪(あなたもマジェルカマジックにかかってしまうかも?? )

 

そ、し、て、

ボーペンニャンなスタッフWさんと、ついでにけなげな中山をぜひ応援&慰めに来て下さい。

どうぞよろしくお願いします!

 

(むかしからよくハンチングをかぶり眼光鋭いオーナー藤本氏。よく見ると笑って・・・いる?)


厳しっ!

前回ブログを書いてくれたスタッフのナベちゃん。
(ナベちゃんでWっつったらもう名前言ってるのと同じですが)

 

先日は見ず知らずのお客様から唐突に「日本人ですか?」って聞かれていて

笑えたのですが、ラオスにいたときには現地人からラオス人に間違われていたと

いうほどエキゾチックジャパンなスタッフWことナベちゃんなのでした。

 

前回ブログ書いてから「あっ!あのブログのスタッフWさんですかっ!?」って

反応もらったり、「これからもぜひ書いて!」と応援してもらったり。

自分の記事へのアクセス数を見て(このブログ、自慢じゃないけどアクセス数

そこそこ多いのですよ。)

「こんなに見てくれてる人がいるなんて思わなかった!」とちょいビビリ気味。

さらにお父様からも「あれってお前?」なんてメールが届いたそうで。

ワタシが書いた他の記事も読んでくださったようで「社長さん、なんか面白い人だね」

なんてコメントもいただいたとのこと。

 

たいして面白い人間でもないのですがお父さん、ぜひ一度マジェルカに遊びにいらして

下さいな。

娘さん、頑張ってます。

彼女、障害のある弟さんの話もよくしてくれます。

その弟さんも、お母様も皆さんでどうぞご一緒に。

 


さて、マジェルカの近況報告です。


気付いている方もいるかもしれませんが、近頃マジェルカのウェブショップには新商品

が続々とアップされております。
新商品といってもリアルショップでは既出でウェブショップに掲載出来ていなかった

モノも含めてですが、それだけでも結構あったりします。

しばらく殆ど更新していなかったのにここにきてなぜかと?

 

ナベちゃんが来て余裕が出来たから、というワケでもありません。

特に今は、以前高らかに(?)宣言したA型事業所へのシフトに向けて大量の書類作成と

チェックなんかをアレコレ手探り作業中で、これがなかなか大変です。

そもそもナベちゃんには主にその為の要員として加わってもらったのですがショップ

を日々開店していればやる事はあるもんで、彼女にはそっちの仕事にもがっつり

関わってもらいながらの準備中、とはいえまだ東京都への申請段階です。

しかし、この申請段階までたどり着くのが思った以上に大変で、申請を受けつけて

もらうまでの計画書の審査が厳しい厳しい‼︎

ちょうどマジェルカが申請活動を始めた今年の4月からA型事業所の指定基準を厳しく

見直すべく厚労省からお達しが出たのです。

 

なぜなら「近年、指定就労継続支援A型事業者については、法の趣旨又は厚生労働省令

に規定する人員、設備及び運営基準の規定に抵触し、不適切な支援を行っている事例が

全国的に問題となっている。」からだそう。

 

その点は私もこれまでの活動の中で実際に見たり聞いたりして理解してはいるので

かくあるべし、と考えるのですが、障害者福祉予算全体のたかだか4,4%にしか

ならない(そうです)就労継続支援A型だけにメスを入れて残り95,6%はほぼそのままに、

というのは、自分がその影響を被っているからとは関係なく思うところはありますね。

A型ではないB型や移行事業所などでも本来の規定に照らしたら不適切じゃね?

というところも見知っているので。。。

 

徐々に予算を絞り込んでいきたいこの分野、まずは影響が少ないところから手始めに

という思惑もあるのでしょう。

 

それは置いておいてむっちゃ厳しくなったんです。
例えると、以前はろくに試験を受けなくても車を用意さえすれば運転免許もらえてたような

もんが、今期からは厳しい試験に通ってやっと仮免許もらえる、みたいな。

 

そしてマジェルカ、何度もやり取りした結果、計画書、受理されませんでした。

 

メンバーのお給料を就労事業収益から(支給される給付金ではなく営業収益から)捻出

する営業計画に無理があるという理由で。

 

実際、現状の運営をしているだけで新たな10名のメンバーのお給料を生み出すのは不可能。

計画の中身はそれなりの営業努力をスタッフ、メンバーの全員で行う前提。

これまでは私と1〜2名のアルバイト,時に手伝ってくれるボランティアスタッフだけで

運営してきましたが、常勤のナベちゃんや他スタッフ、加えて10名のメンバーが加わる

事で努力すれば可能であろう計画を立てたつもりですがダメ。

当然、こちらが福祉サービスを提供する対象でもあるメンバーに対して、通常のスタッフ

と同じパフォーマンスを求めるつもりはなく(徐々に高めていってもらう考えではあります)

それを前提にした数字目標は立ててません。

それでもダメ。

 

話を聞いていると、まだいない数十人の利用者が新たに来ても、すぐにお給料を支払える

だけの収益事業を今現在で営めている所じゃないとダメみたいな感じにも聞こえてくる。

変な話、極端な話、何もしてもらわなくてもお給料を払って囲ってあげられるくらいの

甲斐性がないとダメみたいな。。。

ソレはソレで本来趣旨と違わなくね?

 

今まで審査がザルだった結果、不適切な支援=まともな収益事業を行わず、利用者給与を

給付金や助成金から転用しているA型事業所が増えた からそこを厳しくするのはわかる。

ただ、ザルの目(っていうの?)いきなり閉じすぎでしょっ!

それじゃもうボウルじゃんっ‼︎

何も通らない!

岩盤規制‼︎

ドリルで穴あけたいっ!

 

これまで簡単に免許交付して事故ばっかりおこしたのだってそもそも、制度設計と運用が

いい加減だったからじゃないの!?と、あまりに従来とうって変わって厳しい要求ばかりを

突きつけられて、まさかの不受理に呆然としたと同時に腹が立ちました。

フーッ!フーッ!

 

でもね、落ち着いて考えれば、それとこれとは別、今までの申請が楽だったからといって

これまで通りで良いわけではない、あと一ヶ月早かったら違ってたとも言われたし

(それもどうなんだろ)そうだったら良かったなんてつい思ってもしまいましたが、こんな

タイミングで申請したのも何かの意味(なんの意味だろ?)だろうと、ここは腹を括るしか

ないと考えました。

 

神様はあえて試練を与えてくれてるんだと。(ホントはもうお腹いっぱいでいらないけど・・・)

 

そしてその後担当さんに食ってかかったり(ごめんなさい・・・)行政が忖度してくれるような

パートナーがいないか探したり、押したり引いたりすったもんだの挙句に計画書を修正し受理

してもらえました。(というか押し付けたという方が合ってるかも。。。)

 

ただし条件がつきました。

 

日々開店してお客様を迎えるリアルショップやその他の目の前の案件を優先する結果、常に

後手に回っているwebショップ。

その分伸び代があるので、メンバーが入って専属の担当として様々な対策を行えればそこの

売上は伸ばせると考えています。

そのため先に述べた営業計画の中ではこのwebショップの売上伸び率を他より高く設定して

いたのですが、審査の目から見て現状の数字からみるとこの伸び率にはちょっと無理があるん

ちゃうの?と、そこが一番引っかかって計画が通らなかった。

 

やれると思うから出したんだけどコレで受理しくれないなら目標下げるわ!って目標を下げ、

「でもホントはもっとやれるんだけどね」とかいちいち余計な事をいいながら再提出。

 

だから今回受理してもらうことになる際

「メンバー来たら上げられるとかじゃなくって、今から売上げあげてみてよ。」ということに。

 

カッチーン!

 

という事で少し意地になってwebショップに商品を上げまくっています。

 

正直弱音を言わせてもらうと、やったほうが良いことの他、まさに事業所の申請や準備などを

はじめ日々やらなければならない事を少ない人数(2人プラスα)でやっているので、手間の

掛かるwebショップの更新に時間を取るのは結構しんどいというのが本音。

 

でもやった甲斐もあって、おかげ様で少し動きが出ているのも事実で救われています。

都のご担当も、webショップに動きが出始めているのを見て少し理解して下さったよう。

 

皆さまも、商品が増えたマジェルカwebショップをご利用頂けると嬉しいです!

マジで‼︎

 

今回、A型事業所の新規設立の厳しさばかり書いた気がしますが、併せて既存のA型事業所への

指導も入っていて、経営改善計画の提出をせまられていたりするそうです。

これから指定取消になって無くなるA型事業所が全国的にかなり出るのではないでしょうか。

 

その時にそこに通っている利用者さんたちはどうなるのでしょう。

 

そして障害者福祉の中でのA型事業所の意味というのが誰にとってもますます分かりずらく

なりそう。

自分たちで自分たちの事業の立ち位置をしっかりと考えていかなければならないかなと。

 

ちなみにこれほど審査基準が厳しくなった後、東京都ではA型事業所の申請をする物好きは

マジェルカたった1件だけだそうで、「最初で最後かもしれません」なんて言われると

レッドリストの希少動物のように保護して繁殖して増やしてほしくなります。

 

事実、A型事業所の立ち上げ手伝いますって商売していたコンサルなんかも今はこぞって

そこから撤退しているのなんかを見ると相変わらず既成のブームとわざわざズレたところで

闘ってんなマジェルカって、なんて苦笑。
 

さて、来週もあちこち訂正したり新たに資料を加えた申請書類を持って都庁に訪問してきます。

 

念のため・・・

都の担当さん、実際は文中のようなぞんざいな物言いは一切されません、とても丁寧で親切です。

食ってかかったのは事実ですが文中では盛ってます、面白けりゃいいやと思って印象操作しました。

そして当然、監督官庁、行政には面従腹背します、あっ間違えた! 面従腹従します。

 

ちなみにまだ審査されてる最中、まな板の上の鯉です、変なこと言えませんからワタシ達。 

 

 

ご案内です。

6/15(木)〜6/20(火)の6日間名古屋駅直結のジェイアール名古屋タカシマヤで開催される

全国の素敵なショップが集まる毎年人気のイベント企画「暮らしのSTORE展2017」にお声

掛けいただき、地元名古屋のひょうたんカフェさんと一緒に出店します。

初日はマジェルカスタッフのナベちゃんも売り場に立ちますのでお近くの方は是非遊びに

いらしてください。

 

※毎週火曜日定休のマジェルカですが、私も設営準備に行く関係で来週のお休みは6/13火曜日

ではなく6/14水曜日に変更とさせて頂きます。

 

 

そして次回のマジェルカcafé、まだまだ空きがあります。

是非どうぞ。

 


初めまして

みなさん初めまして!

3月からマジェルカで働いているスタッフWです(^o^)/

インスタグラムではちょっと前から登場してましたがブログ初登場です。

これからもたまに登場しますのでどうぞよろしくお願いします。

 

さて、みなさんは「ラオス」という国をご存じですか?

↓ラオスの凱旋門と言われているやつです。

 

私はラオスに昨年末まで住んでいて

マジェルカを知ったのも遠く離れたラオスの地でした。

 

ラオスでは障害者の就労支援、障害者スポーツの普及・促進、

知的障害者センターの支援などに関わりました。

 

中でも就労支援では製菓の製造から販売、販路の拡大などを

仕事として現地の障害者と一緒に活動していく中で、味を認めて買ってくれるお客様や

質の高さを分かってくれるお客様と出会い、障害のある彼らがお客様から必要とされて

いること、その商品が価値のあるものと認められるということが、この仕事以前には

日本で障害者の生活支援をメインに仕事をしていた私にとってはとても刺激的な分野でした。

 

しかし、私は福祉の経験はあってもビジネスの経験はありません。

なのでラオスでの活動の中でもこれといって良いアドバイスをできるわけでもなく、

アイディアもなく・・・

 

もやもやした気持ちが募っていきました。

 

そんな中で日本で「障害者×仕事」を学べる環境はないかな?

と思い探していたら「マジェルカ」がヒットしたのです。

 

そしてそして

いろいろありましたが、マジェルカで働かせてもらえることとなりました!

 

いやー、日本社会の荒波にもまれている!という感じです。

ラオス人はよく「ボーペンニャン」という言葉を口にします。

大丈夫とか気にしないでという意味なのですが

ラオス人魂は「ボーペンニャン」なのです。

なので初めのころは何でもかんでも「ボーペンニャン」で済ませる彼らに

腹を立てることもありましたが、次第に染まっていってしまった私。

日本社会は「ボーペンニャン」は通じませんね。

 

よく怒られます。

「そこはボーペンニャンじゃないよっ!」と言われてしまいます。。。

 

みなさんそんな私を慰めにお店に来てください(;O;)

 

お待ちしてます!笑

 

 

毎日色んな方がお店に来てくださります。

遠くからわざわざ来られたなんて方もいます!

よく店内から「かわいー!」という声が飛んできます。

そしてちょっぴり人見知りな私ですがお会計に来られた方に

マジェルカの商品についてお話しすると、たいていの方は驚かれます。

お話をするまで「障害のある方が作ったものとは思いもしなかった」という反応が多いのです。

そういう方こそ、商品の価値を見出してくれている方たちなのではないかな?と

マジェルカで働き始めて感じました。

純粋に「欲しい」と思ってくれている気持ちに喜びを感じます。

マジェルカで働いていてよかったなと思える瞬間です!

 

まだまだ未熟者ではありますが

皆様これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

次回マジェルカCafé6月24日開催します!

 

私も前回のマジェルカCaféに初参加しました。

 

セミナーや研修会だと、どうしても同じ分野の方たちが集まり

同じような悩みを話したりという印象があるのですが

前回参加してくださった方々は

学生さんや主婦の方、事業所のスタッフさん、障害当事者の方などなど

幅広い立場の方々がいらしてくださり

それぞれの立場で感じる事や思いを、お話してくださりました。

 

聞く立場が違うと質問も変わってきて

自分の中にはない視点で質問されることもあるので

「なるほどな〜」と感じることも多くありました。

 

ぜひお時間ある方はいらしてみてください!

私もお待ちしております‼

 

 

 

 

 

 


すいーつばたけ

いよいよゴールデンウィーク本番に突入しましたね。

 

プレミアムフライデーなんかにはちっともおどらせられなかった貴方でもきっとゴールデンウィークには小躍りしたりしなかったりしているのでは?

ただし小躍りし疲れて5月病などになってそのまま長〜いお休み状態に突入してしまわなければいいな、とは思います♪

 

どっちにしてもお店のある私たちにとっては「プレミアム? ゴールデン? ナニそれ? ビールとか発泡酒のことですか?」ってな感じで絶賛営業中!

 

気が向いたらそんなマジェルカにも遊びに来てくださいな。

 

そういえば、前回のブログに対して「なに弱気になってんの?」みたいな突っ込みが入ったりもしましたが私はまぁまぁ大丈夫です。

打たれ強い方なのでことさら落ち込む事もなく、かといって近頃は逆境で特別燃え上がるような事もあんまりなく、淡々と今日も生きてるし明日も生きていくことでしょう。

 

さて、今日はまた過去に訪問しながらここでご紹介できていない作業所さんの一つ、埼玉県の川口市にある「社会福祉法人めだかすとりぃむ」の「すいーつばたけ」さんのお話を。

 

平仮名に対して並々ならぬこだわりがあるっぽいこちらの法人さん、マジェルカでは木工製品と手織り製品を扱わせて頂いております。

 

そんな「すいーつばたけ」さんとのお取引が始まったのは比較的最近です。

確か昨年の夏頃だったでしょうか、スタッフのお一人がマジェルカに来てお話をさせてもらう機会があり、その後こちらが提示したお取引などの条件などなどを前向きに検討下さりお付き合いが始まりました。

 

そして先日埼玉県の川口にある事業所を訪問してきたのですが、実はこちらにはマジェルカをOPENさせる前の6年ほど前にもお邪魔した事があったのです。

 

というのもマジェルカを始めるにあたって面白い製品作りをしている福祉施設の情報集めで参考にさせてもらった、確か生協さんか何かが発行していた福祉施設の活動などを紹介していた冊子で見つけたような気がしますが、木工製品で面白い物を探していた中で気になって連絡をとってお邪魔させて頂いたのでした。

 

その時は残念ながらお取引には繋がりませんでした。

 

ちなみに当時、お取引先相手となる福祉施設を開拓する際には20ページ位になる提案書を作って持って行っていました。

そこには私の経歴やマジェルカのコンセプト、それを始めようとしている理由や思い、ショップのイメージや、開店する予定だった西荻窪の商圏としての価値や、マジェルカの事業に参加してもらう事が事業所さんにとってどんな意味になり得るかなどなど。。。

 

今はそこまでしていませんが当時どうしてそこまでしたかというと断られるのが前提だと考えていたから。

冗談でなく本気で「障害のある人たちが一生懸命作ったモノを商売のネタにするなんて何考えてんの⁉︎」

くらい言われると考えていました。

 

何故なら、世の中で誰もこんな商売やってる人が見当たらなかった(知らなかった)から。

彼らの商品を売っているといえば福祉バザーや行政などが運営する福祉ショップしか見なかったから。

きっと慈善活動チックな関わり方でなければNG、ましてや商売のネタにするなんてもってのほかなアンタッチャブルな世界だと思ってた。

だから誰も手をつけないんだ。

と。

 

だからきっと断られる。

でもやりたいから理論武装ってほどじゃないけど口説き落とすつもりで準備して挑んだ(まさに挑むって感覚だった)

 

そしてそんな最初の訪問先が確かここの「すいーつばたけ」さんだった、ような。

 

そしていざ!

 

ドキドキ・・・

 

そしたら作った資料なんか半分くらいに「売ってくれる所を探していたんですよ。」との言葉。

 

ナニーッ!?

 

「そ、そうなん?」

 

その後も同じようなやり取りをいくつもの事業所さんと繰り返しマジェルカをオープンさせましたとさ。。。

 

そんなちょっぴりホロ苦(?)な思い出もある「すいーつばたけ」さんと改めてお付き合いが始まり久々の訪問。

 

あまり業界の色々を知らなかったあの頃がなんだか懐かしいなぁ。。。

などとちょっぴりおセンチな気分になって、涙が出るのはやたらと走るトラックが巻き上げる砂埃のせいだよね、とか思いながら駅からすいーつばたけさんへの道のりをテクテク。

 

当時も何も無かったけど今も何も無いねー。とか

造園屋さん、前にもあったあった。とか

帰りに猫のエサ買って帰らなきゃ。とか

どうでもいい事をブツブツ言って歩いていたら見えてきました!

 

 

入ってすぐは明るいショップになっていてパンやクッキーがたくさん。

木工品もいろいろ置いてあります。

是非みなさま遊びに行ってみてくださいな。

 

来訪を告げると奥から担当のTさんが出てきてくれて早速木工房へと案内してくれました。

明るい室内ではメンバーの皆さんがせっせと作業中です。

 

糸鋸盤を使って細かな切断作業をするメンバーさん。

 

「すいーつばたけ」さんの他にあちこちの作業所を訪問してきた今でこそ、こういう光景を普通の事として見れるようになりましたが、昔は、それまで福祉現場に携わった経験が無かった私にとっては障害者と呼ばれる人がこんな危険な機械を使って作業をしている事にとても驚いたのを思い出しました。

当時はカッターを使っているメンバーさんをみて「危ない!」「怖い!」と感じたりしていたのも思い出しました。

 

それくらい障害のある方に対して思い込みを持った見方をしていたのだなと改めて感じます。

 

その後もマジェルカを始めるにあたって、また、始めてからも行く先々で「この人たちってこんな事できるんだ!」っていう事をどんどん知っていくにつれて、元の自分と同じようにそういうささいですが本当の事を知らないでいる世の中の圧倒的多数の人たちに本当をもう少し知ってもらう事もマジェルカの意味だと考えるように。

 

ただ、正直にいうと、ずいぶん多くの関わりを経てきた今では昔ほどそんな発見に驚く事というのはは減りました。

自分にとっても当然になっていったから。

 

そしてそれにつれてブログの更新頻度も下がりました。

 

でも、それが日常になってしまった人たちにとって特別ではなく当たり前の事でも、そんな日常を知り得ない人間にとっては勝手に間違えて誤解した見方が当たり前になってしまっていることがあるという事を、糸鋸やカッターを使いこなす彼らを見る事で身をもって知ってきた自分としては、それが面白いか面白くないかに関わらず(でも出来れば少しでも面白げに)そんな彼らの日常を発信し続ける事がまた別の誰かの視点を変えるという事もあるのかもしれないと。

 

そんな事を改めて考えるきっかけにもなった「すいーつばたけ」さんへの訪問なのでした。。。

 

塗装作業をするメンバーさん

 

塗装時に台に使う板が片隅にゴロゴロ転がっていました。

これまでは処分していたこの板ですが、よく見れば面白い模様や色合い。

作ろうと思って作れるのではないところも面白いでは?

 

と思って「すいーつばたけ」さんと一緒に試行錯誤して作ったのがこちらのアニマルブローチ

一見すると価値が無いと見過ごされるようなモノに新しい価値を与える。

コレって作業所さんのモノづくりとは色んな意味から相性が良いと思っています。

 

こんな製品もありますよと紹介してもらいました。

「ごめんなさい、ひとまず今はマジェルカにはいらないです・・・」

 

でも、こんな細かな加工が出来る作業所はそうは多くは無い。

という事で、「コレが出来るならこういうの作ってみません?」と作ってもらったの。

このブローチ、透かし部分から覗く後ろの生地で表情も変わります。

「すいーつばたけ」さんでは手織りもやっているのでそこで出るハギレを台紙に活かしてみました。

 

そしてこちらはマジェルカでも人気商品になったモビール。

すいーつばたけさんのオリジナル商品を少しだけカスタマイズしてもらいました。

 

ご自分たちでもいろいろ試しているようで工房の片隅にはこんなのもあったり。

 

中でもとっても気になったのがこの木製の鏡餅

来年のお正月にはマジェルカでも並べられるかな。

 

木工房で窓口担当のTさん、今回のお付き合い再開のきっかけになった制作担当のSさん、共に様々なご提案にとても前向きに迅速に対応して下さるのでマジェルカでも頑張って販売したいと思えます。

 

お陰様で良いお付き合いをさせていただけるお取引先の事業所さんが近頃さらに増えてきて、それにつれて商品も増えているマジェルカです。

 

 

 

みなさん来てね♪


| 1/75PAGES | >>

マジェルカオンラインショップ

ネットショップはこちら

カレンダー



最近の記事

カテゴリ

過去の記事



QRコード

qrcode



リンクについて
当ブログおよびマジェルカホームページはリンクフリーです。
リンクの際にはこちらのバナーをご使用ください。

↓Sサイズ(100×57)
majerca

Mサイズ(170×90) はこちら
Lサイズ(280×150) はこちら

またリンクしていただいた場合、こちらにご一報ください。